インターネットで探せない、
最良の顧客の探し方を知って、
行政書士として活躍できたら?

行政書士としてのあなたの成果も大事ですが、あなたより先にお客さんにメリットを感じてもらうのは最重要・最優先です。良いこと・そうでないこと、先回りして捌けるからこそ、信頼も成果も長続きすると思うのです。

行政書士に合格したら・開業を検討したら・事務所経営に不安を感じてるなら・・・

 

行政書士試験に合格しただけじゃダメにゃの?… 人間って大変だにゃぁ〜!

 

行政書士試験に合格した者です、
行政書士だけで食べて行くのは
かなり困難だと聞きましたが、
やはりそうなんですか??
【30代:開業検討中】

行政書士の実務はどこで習得すればいいでしょうか?
開業後いきなり実務ができるようになるとは到底思えません。
やはり最初はどこかの事務所に所属して教えてもらう他ないのでしょうか。
【40代:実務の知識をどこで習得すればいいのか知りたい】

行政書士事務所を新規に開業する場合、
どのように営業活動(集客)を行うのでしょうか?
顧客・マーケットはどこにあるでしょうか?
【30代:集客や営業をどうやればいいのか知りたい】

行政書士の兼業は可能でしょうか?
会社勤めしながら行政書士事務所を営業する、
そういうことは実際に可能なのでしょうか?
【50代:収入が安定するまで今の会社と兼業したい】

インターネットや交流会で、稼げる方法は見つかりましたか?

あなたはインターネットで、「行政書士で稼ぐ方法、実務知識の習得方法、営業や集客の仕方・ノウハウ」など、いろいろお調べになられたことでしょう。

お気を悪くしないでくださいね。役立つ方法は見つかりましたか?
あなたがアクセスした先には、こんなこと書いてありませんでしたか?
“ホームページを作りなさい:初期費用○○万円その後1か月〇千円!

ブログ書きなさい、△□広告を打ちなさい、専門分野を絞りなさい、
人脈をひろげなさい、勉強会に参加しなさい、待っていても客はこない・・・
行政書士で稼げない人の特徴一覧・・・”
などなど・・・一通りはご覧になりましたか?

・・・なんとなく分かるんです。
今のあなたのように、私も開業前後は、行政書士会に何度も電話したりしながら、何か月もインターネットや本で調べましたからね(笑)
専門用語や言い回しは変わっても、今も昔も大して変わらないと思います。

サラリーマンと行政書士の二刀流はできるか?

ちょっと話が脱線しますが、安定した給与を確保したまま、
行政書士は開業できますか?
と、時々聞かれます。
私は「YES!」ではなく「YESだと思います」とお答えします。

私も2年位はサラリーマンと行政書士の二刀流をしました。
私のときは「あ、兼業されるんですね。じゃ行政書士の稼ぎは確定申告することを約束する誓約書に署名・押印お願いします(紙1枚)」・・・
これで行政書士会は終わり。

会社の方は・・・一生在職するわけじゃないし、
確定申告を別にすればいいんだから、バレるまで行政書士と掛け持ちしよう!と、何も言わず開業・・・
申告書の税金の納付欄だけ給与でなく「自分で納税する」・・・
これにチェックすればOKでしたし、行政書士の仕事が軌道に乗り、
退職届を出すまで、ほぼ何も起きませんでした。
これが良かったのか悪かったのか・・・
それは何とも言えませんが、わたしの結果は「こうでした」というだけです。

・・・さて、肝心のあなたは?二刀流になれるでしょうか・・・?
保証はできませんが、実際に二刀流をやっていた人間がこうして話しているわけですから、不可能という訳ではないと思いますよ。

ただ、絶対に二刀流をしてはいけない人もいます。
例えばあなたが現役の公務員だったりすると、
就業規則以前に法令等で副業・兼業が禁じられているはずですから。

なので「民間企業の人」なら、私の様にできるかもしれないという結びになりますかね(笑)

はじめまして行政書士の千葉帯之です。

———さて、あなたは、知人の方から聞かれて、このサイトにお越しになったでしょうか?
もしくは、SNSやインターネットで検索して辿り着かれたでしょうか?

はじめまして、行政書士の千葉帯之(たてゆき)です。

2013年に行政書士となったわたしは、リピーターのお客様を大切に、お客様一人ひとりのご希望に沿った手続き等のお手伝いをしてきました。

相続手続き、官公庁への許認可申請といった、行政書士法に定める権利義務や事実証明に関する専門業務。

中小企業の経営サポート(販促提案やDMとそのデザイン作成、WEBコピーライティング、SEO対策)、社会人向けの行政書士受験サポートなど、2013年の開業以来、約600件のご相談を承り、そのうち約230件のお手伝い等をしつづけてきました。

相談600件、受託件数230件と聞くと、どう思われるかわかりませんが、7年で割ると1年で約相談85件・受託32件です。1か月で割ると、月に7件前後の問合せ相談、約2~3件の手続き等を受託してお手伝いしてきたことになります。

この数字からお分かりの通り、私の事務所は決して大きな事務所ではありません。ですが、どこにも負けない、ご相談者に寄添ったお手伝いをつづけてきたという自信があります。

7年の間、小さな私の事務所が事業を続けてこられたのは、利用されたお客様が気に入ってくださり、周りの人にご紹介くださったからでした。

本当に感謝しています。

ここからは、私が考える
「行政書士業で収入を安定させるために大切なこと」
を少しお話しさせてください。

行政書士として独立という言葉を聞くと、
おそらく、多くの方が「行政書士だけでは食べていけないと言ってる人が多いが大丈夫だろうか?」

「お客さんはどうやって探せばいいのだろうか?」
「実務での書類の作り方とか、最初はどこで教えてもらえばいいのだろうか?」
という不安が頭をよぎるのではないでしょうか?

たしかに、行政書士として独立する場合、
営業して集客を行い、顧客の依頼に応え、
理想通りにお金を稼ぎたいという目標を持つことは、とても大事です。

ただ、わたしは、もっと大切なことがあると考えています。
それは“周りのことはあまり気にせず、自分を信じる力を持つこと”です。

インターネット環境はもちろんのこと、スマートフォンなどを持ち歩くことが日常の現代では、お互いの顔を直接見ずとも、インターネット上だけでたくさんの情報に触れることができるようになりました。

たとえば、誰がどんなデータや統計を基に言っているのか分からないような内容であっても、
@ABCさんのコメント「行政書士になっても稼げないから、行政書士の資格だけでは食っていけない」
@EFGさんのコメント「行政書士の仕事は、みんなで取り合いになってるから、合格した人が何の人脈もなく新規参入するのは困難である」。

こういうコメントを目にしただけで、
行政書士になっても仕事が無いんだ・・・
行政書士になってもお金を稼げないなら開業しても無駄だ・・・
実際にこう考えてしまう人が多い時代となりました。
これは行政書士の世界に限ったお話ではありません。

そんな時代ですが、あなたはせっかく行政書士試験に合格して、
これから誰にも雇われず、自分の力で稼いでいこう!
どうやって行政書士として一人前になっていこうか・・・
そう考え始めたところじゃなかったのですか?

今あるその気持ちを、たった1~2行の誰が書いたかも分からない後ろ向きなコメントを見ただけで、終わらせるわけにいかないと思います。

率直に言ってしまいますが、あなたはまだ、行政書士の仕事を実務レベルで受託し、お金をもらって書類作成や手続き申請を代理できる知識や経験もないはずです。

加えて、仕事自体が分からなければ、その営業方法はもちろん、どこをどうやれば見込み客を見つけられるのかを知っているようなマーケット調査のプロでもありません。

ですから“〇〇(あなたの名前)さん、行政書士ってやっぱりすごいんだね”と、身近な人やお客さんから言ってもらいたくても、期待と不安が混在して、具体的イメージがなかなか出てこないと思うのです。

だからこそ、あなたの思いやイメージを、そうそう、行政書士になって独立開業したらそういう風にしたかったんだ」という形で導き出す必要があると思います。

そして、そのために必要な力こそが、“周りのことは気にせず、自分を信じる力を持つこと”だと思うのです。

ここ、なるべく聞いてください。

開業以来、私の事務所を利用してくださっている、ある会社の社長さんのお話ですが、

「勉強だって経営だって “知識や技術”なんて、学ばなきゃならないのは当たり前。

もっと大事なことは、決めたことに責任と自信を持って行動に移せるかどうかなんだよ。

あんたは働きながら行政書士に合格したんだろ? 寝る時間もなくてすげぇ大変だったろう? 

でも合格した時の気持ちはどうだった? 嬉しくないわけねーんだよ(笑)

そうやって何とかかんとか行政書士になったんだから、その諦めの悪さ。きつい環境。それを乗り越えた精神のあるあんたの力を必要としているお客さんのために、結果を出し続けなきゃいけないだろ。

マイベストプロバナー

もし、あんたみたいなキツイ環境でやっとこ試験に合格して、これから期待に胸膨らませて行政書士になりたいって人等が報われる手助けをしたいなら、あんたがやってきた普段の気構えや、仕事の仕方なんかをその裏側まで知ってもらう。

そうすることで、“心構え” みたいなのも芽生えて、みんな自信を持ち始めるんだ。

行政書士とは違っても、俺のやってる仕事とおんなじさ。

そうするとよ、まずは、あんたが行政書士として人にあてにされてるってことが“周りのことは気にせず、自分を信じる力を持てたから”ってことを分かってもらわないといけないんじゃねーのか? 

俺だってあんたのそこを買って付き合ってるわけだしな。
俺は、一生懸命に頑張ろうとしてる人たちに向かって
“こんな試験誰でも受かる”
“合格したって仕事なんかない”
“仕事取りたいならああしろ・こうしろ”
って上からモノを言ってるやつ、大嫌いだね。

 “何でも知ってる成功者”みたいな言葉で上座にあぐらかいて、個々の力を軽視して自分が一番・・・そういうやつは他人の意見を聞こうとしないのがほとんどさ。

そいつが本当に儲けてんのかどうかすら、俺から見たら疑わしいもんだよ。

行政書士じゃなくたって、そういうのは俺らの業界にだってたくさんいるよ。

会社の社長さんは、職人っぽい口調で、でも笑顔でそういうことを、私に教えてくれます。

憧れたから行政書士になったんです。だから頑張りました。

私は、行政書士に憧れ、この業界に入りましたが、トラックの運転手や営業マンをしながら何とか合格したので、開業当時は、士業と呼ばれる知り合いは殆どいませんでした。

ただ、私は、トラックの運転手をしていたときも、営業マンをしていたときもそうでしたが、仕事を通じて、場所や方法を調べたり、相手が何をすると喜び・嫌がるのかを知ること・・・それだけはできていました。

そう言う意味では、行動力や営業力は士業の世界でも平均より上だと思っています。

そんな私が行政書士業界に足を踏み入れて直ぐ、知人を介して、ある会社の管理職の方から「取引始めたい会社があるんだが、どうもその会社が言ってることがしっくりこない部分がある。うちの社長に報告するためには何か判断できるような情報が必要なんだが、行政書士さんはこういうこと頼めるのかな?」

という内容でした。

 

そのときのわたしは、行政書士としての知識も経験も浅かったですが、行動力などには自信があったので、ありとあらゆる方法で調べました。
その結果を、書面にして管理職の方にお送り(正確に言うとEメール)しました。

その後すぐに電話が鳴り
「いやいや・・・どうやってここまでお調べ出来たんですか?期待以上ですよ。知りたいことが殆ど書いてある。・・・・まさかあっちの会社さんに電話したりしてないでしょうね?? はぁ・・・やっぱり素人の私達がするのと、行政書士さんみたいなプロの方が調べるのでは、まったく違うんですね・・・」
と、わたしまでビックリするような返事だったんです(もちろん電話なんてしてません)。

その充実感は、開業当初の私にとって大きな自信となり、開業から7年経った今でもそのとき知ったことで、依頼される方のお役に立てることが多いです。もちろん営業するときもかなり大きな武器になっています。

そして、もしかすると、あなたが求めている方法の一つに、わたしが知っている“このこと”が入っているのかもしれませんね。

私が知っているインターネットで探せないこととは?

知れば分かりますが“このこと”をみんなが知ってしまい、やってしまうと、ちょっと困ります。

だから、この場で具体的には申し上げられません。本当に申し訳ありません。

おそらく私と同じように“このこと”でお客さんの役に立ち続け、その結果仕事を安定させている人は存在するはずですが、インターネット上に載っているのを見たことが無いのです。これは知っている者同士「暗黙の了解」なのだろうと思っています。あまり公になるとお客様にも少なからず影響が出かねないだろうなとも、確かに感じています。

ですが、それだけだとイメージが湧き難いでしょうから、メリットだけ少し挙げるということでお許しいただければ幸いです。

大それたことは言えませんが、
お約束できるメリットは幾つかあります。

大げさでなく、実際に続けていることの中で、
わたしがあなたにお約束できるメリットは確かにあります。

それは、あなたがこの方法を知れば、
まず、ほとんどの人が知らない方法で、
実務に必要な知識・あなたの営業力を、
大幅にバックアップしてくれる情報を、
継続的に入手できるということです・・・

しかも一度知れば繰返せる方法で・・・

そして、私が知る限りは、
その方法を繰り返しても
それほど費用はかからないようなんです。

———知ると分かりますが、あなたの事務所のHP制作、
宣伝広告はしばらく不要と思うようになるでしょう。

どこかの事務所の求人を探して修業先を見つけようと奔走したり、
人脈をひろげるために方々に出向こうとも思わなくなると思います。

専門分野を絞るかどうかも、この方法を確認してから考えても十分間に合うと思います。

なにより、開業前でも準備が出きるので、
合格後会社勤めをしながらでも、この方法は有効です。

(以上がメリットと表現して差し支えないと思います)

 

“ここで話をやめるな、続きを聞かせろ”
そういう方は、下記のリンクをご覧になってみてください。

さいごに

行政書士開業で悩まれる多くの方は、集客方法や実務知識の習得先さがしで悩んでおられます。

中には、ホームページ作成や集客セミナー参加・入会に時間や費用をかけたが、最終的に大した集客につながることは無く(内容自体は悪いものではないようでしたが、ああしないとだめです・こうしないとだめです、それは追加料金です、そこから先は有料オプションです・・・のような部分が多くて、だんだん嫌になってきたということでした)、それで、帯安行政書士事務所に問合せいただいた方もおられました。

集客方法を知ってそれを自分に合ったように確立し、さらに実務知識を習得するということは、費用だけでなく、あなたの大切な時間を使うということです。

調べる事、準備すること、学ぶことなど、すべてに時間がかかります。
だからこそ、ご自身に合った方法に出会っていただきたいと強く思います。

もし、わたしが開業当初から今現在まで続けている、営業集客・実務知識の習得に関する方法に興味を持たれましたら、お気軽にご相談ください。

わたしは、お手伝いに必要性を感じている、すべての方にとって身近な存在でありたいと思っています。

お問い合わせ頂く際は、問合せフォームでも、お急ぎであればお電話でも大丈夫です。

また、必要に応じて、出張もさせて頂きます。

あなたの目の前にある壁を、苦労のすえに乗り越えたことのある、身近な仲間がいることを願って。

お申し込み・お問い合わせ

現在のあなたの状況を選択してください
お取扱業務又はお取扱検討中の業務

は必須入力項目です。

お申し込み・お問い合わせ後、3営業日以内に、
Eメールまたはお電話でご連絡させていただきます。

メニュー