行政書士合格 を目指すなら、あなたを他人の型にはハメないで。 勉強方法 は自分で見つける?

行政書士試験

行政書士合格 を目指すなら、あなたを他人の型にはハメないで。
勉強方法 は自分で見つける?

 行政書士 の 試験勉強 について教えてください。
 勉強方法 について全く 知識 がありません。
 通信学習 と 独学 ではどちらが有効で しょうか? 
(40代 初めて 受験 する 会社員 )

今回の 行政書士試験 は 不合格 でした。
次回も 受験 しますが、 市販テキスト で オススメ があれば教えて下さい。
(30代  受験 2回目の 会社員 )

はじめて 行政書士試験 に挑む人。
再チャレンジの人。
本当に 合格 に近づく 勉強方法 ってなんなんでしょうか?
合格 した人は、どうやって 難関試験 を乗り越えたのでしょうか?

恥ずかしくてあまり披露したくない事実ですが、
わたしはトラック運転手時代に3回 不合格 、
営業職に転職してから4回 受験 して通算7回目でやっと 行政書士試験 に 合格 できました。

――では、トラック運転手のときと 営業職 のときで、
わたしは同じような 時間 や 環境 で 勉強 できたのか・・・
それはむずかしいでしょう、答えはもちろん”NO”です。

しかし・・・

こんな境遇で、7回 受験 したからなのか、
意外と衝撃を受けそうな事実を確認することができました。
これは、あなたにとっても、それなりに インパクト があるかもしれません。

 行政書士 に 合格 するには、 予備校 の 講座 を カリキュラム 通りに 勉強 するのが良いと思いますか?

予備校 ( 通信 ・ 通学 )の 講座 は充実しています。
試験範囲 も網羅してるし、最新の情報にも精通しています。

反面、 講座 の量が多すぎて働きながらだと挫折した。
次々に届く 教材 の多さに途中で ギブアップ した・・・
こんな声を聞くこともないわけではありません。

” 講座 は申し込んだが、 合格 を目指す 勉強 というより、
気づかないうちに、 講座 を終わらせるのが 目標 になってしまった。。”

これもまた、実際にお聞きするお話です。
これについては、わたしも同感です。

あなたの ライフワーク に 予備校 の 行政書士講座 は合うか?

 予備校の講座 なら 10万円前後 かかるでしょう。
そのぶん 試験範囲 を完全網羅するような内容ですから、
しっかり 勉強 できる 時間が確保 できれば言うことなしです。

しかし、 勉強する時間 を上手に確保できない不安があったり、
勉強 そのものが難しくて続かなくなってしまうと、
かけた 費用 がもったいないことになる不安もあります。

こういう 不安 、あなたはどう感じますか?
あなたの 忙しい毎日 に 予備校 の 講座 を全うできる 時間 は捻出できますか?

 行政書士 の 独学 ってどうですか?

独学 であれば、 テキスト 等を自分で選んで購入し、自分のペースで進めていく方法ですから、
数千円の 教材 などを何冊か買う程度で 費用 は収まります。
あとは、 自己管理 と、あなたの ライフワーク に合わせて継続できるように調整していくだけです。
勉強方法 として、あなたがしっくり来るようであれば、 独学 も一考かもしれませんね。

ただし、 独学 を選ぶあなたは、 予備校の講座 に匹敵するような 学習時間 を確保できそうでしょうか?

ホントにみんな同じ 勉強方法 で 行政書士合格 できるの?

事務職、サービス業、営業職、店員さん、作業員、運転手・・・
受験生 の方の日常は多忙を極めるでしょう。

行政書士 の 受験 のことを調べると、
予備校 や 独学 といった情報が賑わっています。

でも、 選択 肢ってホントにそれだけなんでしょうか?
例えば、ふだん 事務 の お仕事 をされている人と、
トラックの運転手さんは全く同じ ライフワーク なんでしょうか?

どんな 仕事 をしていても同じ 勉強方法 でいいんでしょうか?

あなたの職業はなんですか?
勤務時間やお休みは?
どんな 時間 を 勉強 に充てられそうでしょうか?

あなたにとって一番続けやすい 勉強方法 じゃだめなのか?

いえ、そんなことありません、あなたのその考え正しいと思います。
たぶんあなたにとって、続けやすい 学習方法 が最も良いのかもしれません。
人の言うことや、今までの 行政書士試験 の 常識 だけに固執せず、
あなた自身にも目を向けるべきだと、7回目で 合格 した私は強く思います。

なぜか?

性格、好き嫌い、趣味・嗜好、考え方、家族構成、お住いの 環境 ・・・
みんな同じな訳ありません。

冒頭でも申し上げたとおり、わたしはトラック運転手時代に3回 不合格 、
営業 職に 転職 してから4回 受験 して通算7回目でやっと 行政書士試験 に 合格 できました。

急ですが、ちょっとだけ耳を傾けてくれますか?わたしが合格した原因について。

繰り返しになりますが、仕事でいっぱいだった日々で、
足掛け10年7回受験したからなのか・・・
それとも、みんな知っていても黙っているだけなのか・・・

鼓動が早くなって、どこか体が汗ばんでしまうような・・・
そんな出題傾向が急に見えたんです。
そう、まるで秘密のコードでも解析したかのように。
なんでいままで・・・ってツブヤイてしまうくらい急にでした。

7回受験した結果、衝撃的な事実を知ったんです。これはあなたにとっても同じ衝撃かもしれません。

行政書士試験サポート お客様の声

内緒にしてほしいんですが、出題傾向にクセがあることを知ってますか?

過去問のある部分から、統計上必ず出される問題の癖があります。
この癖を網羅するとかなり合格に近い点数になるでしょう。

しかも、昔のわたしのライフワークだった、
朝から晩までトラックの運転か、お客さんまわりとノルマに追われる日々・・・
その他、どんな仕事の人でも、けっこうピタッとはまるというか、自分で調整できる勉強方法とも言えるんです。

なぜかって? わたしでも合格できたからですよ。

たぶん、知ってる人は少ないはずです。

知ってる人は少ないであろうと言えるのは、私自身7回目の受験で合格しました。
3回目と4回目の間は4年位ブランクがあります(足掛け約10年ですね)。

その副産物で、初学者から数えて20年分くらいの過去問を何度も解いたからこそ、
「その癖」のことを知っているのかもしれません。

なかなかいないんじゃないでしょうか?
諦め悪く、働きながら7回目も受ける人は(笑)

わたしの不合格回数は決して自慢できませんが、出題の癖については確信があります。

念の為に申し上げておきますが、ラクラクとか非常識という表現は馴染みません。

むしろ出題の癖を知ることがこんなに大変なのか・・・と思うはずです。
それぐらいやらないと合格できない水準の試験ですから。
学習量は予備校などに通うのと大差ないはずです。

幾つか違うのは
・お金が、だいぶ安価に収まること
・頭が働かない日でも勉強できること(これはけっこう大きいです)
・毎年9割は不合格するが、その9割に入らない勉強方法であること(保証はできませんがね)

働きながら 行政書士合格 したい。

30代〜50代が7割以上の受験者となる行政書士試験は、
働きながら、仕事のストレスや多忙と向き合いながら、
それを克服した人だけが合格できる試験と言っても過言ではありません。

誰だってそうですが、仕事も勉強も、
無駄な時間は過ごしたくないはずです。
できれば少ない受験回数で受かりたい・・・

あなたもきっとそうだと思うのですが・・・どうですか?

難関試験の 行政書士合格

あなたは、わたしのように何度も受験する必要はありません。
このこと(出題の癖)をなるべく早く知って、極力少ない回数で行政書士になってください。
働きながら勉強するのは大変ですが、難関試験に合格するとすべてから解放されます。
あとは行政書士として活躍するだけです。

そして、行政書士になったあとは、まわりの行政書士さんと同じ行動はしないほうが良いでしょう。
だって、自由になりたくて行政書士になったんですから。

あなたにしかない長所や得意分野はたくさんあります。行政書士になれば今より自ずと見えてくるでしょう。
あなたにしかない長所と行政書士の資格を合わせれば、時間もお金も今とは比較にならないくらい自由になるでしょう。

働く受験生のあなたはきっと共感! ”なぜ、行政書士になりたいか?” 

プロフィール

テキスト探しで6つのチェックをあなたがしよう!行政書士の試験勉強で使う教材は中身が重要。

行政書士試験に合格するため6つの勉強法とは?

過去の投稿へ
行政書士になりたい !働く 受験生 のあなたはきっと共感!
次の投稿へ
行政書士試験 、誰がなんと言ったて働きながらはキツイんです。

関連記事

メニュー