行政書士の仕事・生涯ノウハウ

行政書士の集客, 開業サポート

行政書士の仕事・生涯ノウハウ
なんて言われたら、また 行政書士成りたてを勧誘するセミナー か・・・
そう思われるのも無理はないでしょうか。
「私は違う」とか言うつもりはないです。
私のこと知らない人から見たら「全部同じ」ですから。

行政書士開業してまもなく8年です。

一応私の自己紹介だけしておきます。
HP用の記事、取材を経ての商品やサービスの紹介記事の作成(ライティング)をしている 行政書士 です。
許認可 、 相続 ほか、HP運用代行 顧問 (Analytics、SearchConsol、Optimize導入運用含む)、
企業調査 (HP競合解析)、SEOコンサルタント、HP制作も担う。

しかし、ここで言う 行政書士の仕事・生涯ノウハウ
・・・インターネットとは関係なく、むしろ真逆。
完全にアナログ(リアル)の世界の話です。

なんでそんなこと教えようとするのか?

なんでここで自分のライバルを増やすかもしれないことを言おうとしているのか・・・

それは、わたしは既にその分野で集客できました。
あまり大人数の事務所ではないので、
良いお客さんと何組かめぐりあい、お取引が安定してきたので、
もう、私には不要になってきたノウハウなんです実は。
好きなこと出来なくなるくらい忙しくなりたくないサボりぐせのある行政書士なんですわたし。

その証拠に、今はそのステージをクリアして、
お客さんの役に立つためにWEBコンサルティングを本気で学び、
先ほど列挙した業務でお役に立っています。
(※WEBコンサルティングは人海戦術でなく、知識と最新情報の更新をサボらず続ければ、
ある程度、会社さんのWEBサイト運用に貢献できるのです(最初は覚えるのたいへんですけど)

さて話を戻しますが、この生涯使えるノウハウ、私がそうだったように、
開業したて・集客に悩む行政書士には強力で役立ちます。
ジャンルは許認可申請とその後の顧問業務の集客。

このノウハウを習得すると忙しくなります、最初は非効率でこんなに動いてサラリーマンとおんなじくらいか・・・
と、疲れるかもしれませんが、徐々に効率的なやり方をマスターしていき、
おんなじことを同じ時間で幾つも出来るようになっていくはずです。
収入自体はあなたの頭の中で想像してください。
20万円くらいで良いという人もいれば、100万円は欲しいとかそれ以上欲しいとか・・・
この手の話をすると人間きりがないですからね。

あなたの街でみつかるノウハウです。

あんまり大きな声でいえないので、
何言ってるかわからないと思いますが・・・

「あなたの街のあそこに行ってください。
きっと誰も知らない最高品質の情報が手に入ります。
たぶん、ほとんど無料です。」

「そこに着いたら、いっぱいメモしてください。
時間に限りがありますから。」

「メモしたら家に帰ってネットで検索してください。
メモの裏付けができますから。」

「ネットで裏付けできたものから、
そのメモを活かしてダイレクトメールを作り、
良いとおもわれる時期に発送してください。」

え?って思われたかもしれませんが、かなりキワドイとこまで触れました。
これでピンと来るならこの先は読まなくてもOKです。

 稼ぎ方はインターネットには載ってないと思います。

ネットで行政書士を検索すると大体下記のような感じでしょうか・・・

「行政書士開業しても稼げないんでしょ?」
「 公務員定年 になった人がタダでもらえる 資格 なんでしょ?」
「どんな仕事しているのか、よくわからない・・・」

「 行政書士で稼いでいる人はたくさんいる!」
「 行政書士で稼げない人は、他の資格でも稼げない!」

別に間違いではないでしょう。

―――行政書士のかたがたが全員どうなのかまで確信ないですが、
医者、弁護士、芸能人、歌手、芸術家、料理人、
スポーツ選手、専門知識やモノづくりなど、
世の中には、門外不出の習得知識や工法、調理法、トレーニング方法があると思います。

それらの殆どは、苦難の時間を超えて生み出されたはず。
そういったプロの知識や技術を持っている人に
「いやぁ~、わたしもあなたみたいになって稼ぎたいので、やりかた教えてください!
だって、あなたの知識や技術はインターネットに載ってないんですもん!」
・・・これくらい無礼な感じなんですよ「稼ぎ方をなんの苦労もせず知ろうとする」のは。

・・・もうわかりますよね、どのプロもきっと教えてくれません。

さて ‟ここ” に本題の 行政書士 業を当てはめるとどうなるか・・・
外国人 関係の 取次申請 、 許認可申請 、 他士業 とのハイブリット型、
サラリーマン時代 などの自身の強みと経験を活かしたハイブリット型のスタイルなど・・・

このようにタイプはいろいろありますが、少なくとも、私の周りの 行政書士 仲間は、
稼ぎ方をインターネットにアップしてみんなに教えたりしませんし、
日々の業務に追われ、稼いでいることをアピールする時間も・・・
これもたぶんないと思います。

だから、わたしは結構暇な方なんでしょうね・・・

安定した月額報酬がないとキツイです。

わたしは  行政書士の仕事 だけで生活を成り立たせてますが、
特に私だけでなく、周りの行政書士仲間も十分 稼いでいる と思います。

行政書士を本業 にして、結婚して子どもができて、
家を買ったり、輸入車を買ったり、旅行に行ったり、美味しいものを食べたり・・・
さらに収入を安定させるため、自ら社長になって会社を設立したり・・・

参考になるかわかりませんが、
私の 行政書士の仕事 を大きく2つに分けると、
定期業務 ( コンサルティング 関連)
スポット業務 ( 相続 や 許認可 関連)となります。
※双方が混在しているものもあります。

スポット業務を、
「 行政書士 法に定める 独占業務 」として取り上げられるようですが、
行政書士として開業した後は
 定期業務の受託は必要です。

では、定期業務 はどうやって獲得すればいいのでしょうか?
残念ながら、ここからがインターネット上では探せない情報なんでしょう。
 行政書士会や行政書士自身が開いているセミナーでも、
 スポット業務の捌き方はレクチャー していますが、
 定期業務の獲得のレクチャーは耳にしません。

行政書士は、知識や経験を収入に変え、それで人の役に立つことが仕事です。
知識や経験を人の役に立てるためには、多くの時間や、失敗をしなければなりません。

しかし、知らない人には少しズルい方法ですが、
世の中には知識や経験を、ものすごく早く習得する方法があります
その話を、A君とBさんがはじめたようですね・・・
さて、どんな話をしているんでしょうか・・・

 開業 検討中 のA君、現役 行政書士 Bさんの会話

ある日、行政書士試験に合格したばかりのA君が、
現役行政書士のBさんと、Bさんの仕事の取り方について
話しをしていました。

そして、会話が進む中で・・・・
Bさんが昔も今も続けている仕事獲得の方法について、
A君にとって、息をのむような事実が発覚しました。

A君、事実を知り息をのむ!

A君(行政書士試験合格者で開業検討中)
え・・??
そんなことできるんですか?
ってゆーかホントなんですかそれ??

Bさん(現役行政書士)
やっぱり最初は信じ難いのかな~
私は何故かこのことを知っていたから、
全然気にしないでしてるんだけど・・・

A君
僕はBさんに教えてもらって、
今日初めて知りましたけど、
それのこと知ってたら、普通真似しますよね?
みんな知らないんですか?

Bさん
いや・・・知ってる人は知ってるよ。
でも、多分すごく少ないような気がするね。
毎回それをする度に、そう思うな。

それを出来る人は限られるの?

A君
そ、それは、僕でも出来るんですか?
行政書士として開業してないとダメですか??

Bさん
いや、それは開業検討中の今のA君でも大丈夫ですよ。
ただ、多少の法的等の基礎知識は必要だけどね。

A君
ど、どんな基礎知識があればいいんですか??

Bさん
A君、ちょっと顔が近いな(汗)
ま、その基礎知識みたいなのは、
何回かやれば大丈夫なんじゃない?
行政書士試験に比べたら「たやすい」と思うよ(笑)

A君
Bさん・・・

Bさん
・・・そういう目で見るなよ(汗)
わかったよ、教えればいいんでしょ。
顔は近いは・・・ウルウルするは・・・
んじゃまだ明るいし、今から行くかい?

BさんとA君はある場所につきました。

Bさん
はい着きましたよ。
筆記用具とかちゃんと持ってきた?

A君
な、なんか緊張してきたっす。

Bさん
なんで緊張すんの(笑)
やましいこと何もないでしょ。
やっぱり今日も殆どいないな。

A君
本当ですね———は結構人いたけど、
こっちは全然ですね・・・

Bさん
ほら、私もこの後用事があるから、
始めますよ。
先ずは・・・・・
・・・・でね、スマホとかでこれを・・・
すると、・・・が分かるじゃん?
そして・・・・こうして・・・

A君
うわ・・・ちょっと早い早い!
もっとゆっくり・・・・
あ、これですね?
すげーホントだ!!いいんだ・・・
いやー何回かやらないと慣れないけど、
一人でも来てみます!

Bさん
そうだね。
じゃ、私は次があるから・・・
A君はどうする?

A君
もうちょっと残ってやってみます。
・・・あとBさん・・・

Bさん
その目を止めなさい(汗)
分かりましたよ、覚えきれなかったとこは、
後で聞いてくれれば教えますよ。

A君
あざーす!
じゃなくて、本当に有難うございまーす。

Bさん
次どうすっかな・・・
あざーすとか言ってるしな・・・

A君
あっ、す、すいません!
何卒よろしくお願い申し上げます。

Bさん
了解です。じゃまたね。

さて、その生涯使えるノウハウとは・・・

みなさん、BさんからA君へレクチャーされた
気になるそのノウハウ(ここでは一部)とは、いったい何だったんでしょう?

次の投稿へ
行政書士実務 。 権利義務 や 事実証明 の 仕事 は 単発業務 。 コンサルティング は 定期業務 。

関連記事

メニュー