ワードプレス ( WordPress )ー WEBコピーライティング の13 ー

WEBコピーライティング

 ワードプレス ( WordPress )という、
CMS( コンテンツマネジメントシステム :Content Management system)をご存知ですか?
馴染みがない人は、ここから覚えてください。
ワードプレスは Google の 検索エンジン が記事などを探しにくるとき、
最も 検索エンジン に障害なく、役立つ情報かどうかを判断してもらえる・・・
そんなシステムです。

Googleがあなたの記事を探しに来たとき、
良質の記事であれば検索エンジンの中に貼付け(インデックス)してくれますので、
検索でも表示されるのがスムーズというわけです。
Google 77.67%
Yahoo! 13.82%
bing 7.93% (Windows標準の検索エンジン)
※yahooの検索システムもGoogleを使用しているので実質的に
Googleが92%のシェアを持っていることになります。
ですので、ブログを書く場合、
冒頭で申し上げたワードプレスというシステムの中で作成投稿することが、
SEO や CV ( 成約率 )対策になる一歩目の「選択」となるでしょう。

 ワードプレス を選択する決断

まず「 HPの運用 目的」とは具体的になにか?
それは、言葉を選ばずに言ってしまえば、
たくさん HP を見てもらって、 アクセスユーザー と多くの 成約 を締結し、
紙媒体やメディア媒体、人力の訪問営業などでは計上できなかったはずの・・・
そんな売上利益を獲得することにあるはずです。

それらの売上利益の獲得の一歩目が ワードプレス を使った HP運用 を、
あなたが選択するということなんです。
更に言うなら、これから作る HP はいいとしても、
すでに存在するあなたの HP が ワードプレス 以外のシステムを用いている場合、
システム入れ替えの決断が求められるかもしれません。
この場合、古い HP の評価を引き継ぐ方法として「 301転送 」というものがありますので、
あなたの HP制作 を代行する業者に確認したほうが良いでしょう。
※ 301転送 を知らないか、知っていてもそれをする技術がない制作業者は依頼の有無を含め慎重に検討してください。

いずれにせよ、 Google にうまく 記事をインデックス してもらえないと、
デザインや文章がどんなに素晴らしくても、売上には結びつきません。

見た目が素晴らしいのに、思いのほか HP からの 集客 がない・・・
そのような 企業のHP は巷に溢れかえっているのです。

HPの運用 で大事だった4つの引込線。

あなたのHPに引き込むための4つのトラフィックを覚えていらっしゃいますか?
organic(オーガニック):長期安定型の引込線で、ブログが有効
Social(ソーシャル):瞬間的にトラフィックを作りたいときの引込線で、Twitter・Instagram・Facebookの投稿など
Direct(ダイレクト):名刺や看板、広告などで、既にあなたの会社の名称を知っている人が直接検索する場合など
referral(リファーラル):あなたのHP内の記事を第三者がリンクしてくれて、それをクリックした場合など(推薦・委託という意味を持つ)

このうち、HP運用で大事なのは順番に、
organic:ブログを書く
Social:SNS投稿をする
referral:役立つ記事を第三者にシェアしてらう
※Direct:こちらはHP外での動きが多くなるでしょう。

4つのトラフィックは思い出して頂けたかもしれませんが、
それと ワードプレス は何か関係があるのか・・・
それにも触れておかなければなりませんね。

正直なところ、 ワードプレス には多様な機能が満載のため、
多少システムを学んだわたしでも、まだまだ知らない機能が存在するようです。
しかし、システムの授業をしているわけでは有りませんので、
ここでは、あなたにとって直接メリットが感じられるであろう・・・
そんな ワードプレス 内の機能を知って欲しいと思います。

ワードプレスでHPを運用するメリット(Social編)

まずSocial(TwitterやInstagram)についてのメリットをお話しましょう。
下記はワードプレス内で、新規のブログを投稿する画面です。
右側に☑Twitterと記載があるのをご覧頂けると思います。

もう気付いたかもしれませんが、
ブログを書いて、Twitterのチェックボックスに✔をいれると、
ブログ投稿と同時に、Twitterでも記事のURLが投稿されるのです。
SNSでは文字制限がありますので本文にブログ並みの記述は難しいですが、
このように、Twitterとブログを連動させることができるのが、
ワードプレスを使うメリットの1つとなります。

すべての記事をSNSと連動させる必要はありませんが、
これをうまく併用することができれば、organicとSocialのトラフィックを、
効率的に作ることが出来るでしょう。

この機能は通常の技術を持つ制作会社なら知っているはずです。
が、この点も、あなたの目と耳と口で確認することは言うまでも有りません。

ワードプレスでHPを運用するメリット(ブログ編)

ワードプレスは Google の 検索エンジン が記事をインデックスしやすくなる、
SEOに大変適したシステムであることはお話したとおりです。

では、ワードプレス内でブログを書く場合、
どのようにすれば、あなたの書いたブログ記事を、
Googleはより確実にインデックスしてくれるのでしょうか?

正直なところブログを作成するのにも、
非常に多くの決まり事があります。
ただ、その決まりごとすべてを守っていると、
ちょっと嫌になってしまうと思います(そのくらいの数です)。
更に言うと、すべてを守らなくてもインデックス自体はしてくれますので、
まずは、高確率でGoogleがあなたの記事を検索に表示(インデックス)してくれるための・・・
その部分を知って欲しいと思います。
この図をご覧ください。


ワードプレス内のブログを作る画面の一部ですが、
見出し1 見出し2・・・と選択できるようになっています。
使い方はいろいろですが、この中で必ず守って欲しいのは・・・
“見出し2” を4つ以上作る必要があるということです。
見出し2を作ると、下の図のように「青い帯」の中に、
見出し2で書いたサブタイトルのようなものが表記されます。


見出し2 を4つ作るということは、
サブタイトルの入った青い帯がブログ中に4本入ることを意味します。
サブとは言えタイトルである以上、見出し2の下にはそのタイトルに沿った、
人の役に立つ文章が続くことになります。

この見出し2を4つ+各見出し2へ続く文章(ライティング)+メインタイトル・・・
これを心がけることで、Googlがインデックスしてくれるようになるでしょう。
※コピペや写真の無断転用、ほぼ同内容の記事の複製増産はペナルティになるので避けてください。

ワードプレスでのブログ作成とコピーライティングの世界

先にあげたルールを守れば、基本的には、
あなたの書いたブログは検索で表示されるようになるでしょう。
ただし、ここで書いたのは入門編のような運用方法です。
したがって、ちょっと調べれば誰でも知ることが出来ます。
もちろん、誰でも出来る方法だけでやっていれば、すぐに追い抜かれてしまいますので、
この先の領域としては、わたしが勝手に棲み分けしたものですが、
初級者向けのブログ作成知識(見出し2以外のブログの基礎全般)
中級者向けのブログ作成知識(キーワード抽出してのセールスライティングなど)
上級者向けのブログ作成知識(SEOとCVを完全網羅する他を寄せ付けないブログ起案)
があります。

初級編くらいまではインターネットでも時間をかければ調べられると思いますが、
中上級者になると、ネット上でも情報はありませんし、
国内で知っていらっしゃる方も、ものすごく少数でした。
一般のHP制作会社さんでも中級編の最初の方から殆どわからないようでした。

誤解のないように申し上げておきますが、
何かの講座を売りつけようとして中級編とか上級編とか書いているわけでは有りません。
ブログの世界、つまりはコピーライティングは奥が深いということを、
少し知っていただきたくて触れただけです。

ワードプレスでは、入門編はもちろん、
中上級者向けの使い勝手にも対応している点が、
ブログ上のメリットであると言えます。

まとめなど

ワードプレスはSNS運用上も、ブログの作成上も、
非常にSEOとCV対策に適しています。

正直なところ、ワードプレスのすべてを語るのはちょっとむずかしいですし、
奥の奥まで知りたいという方は、専門的に学ばれたほうが良いことも事実です。

ここでは、経営者やHP、ブログなどに関心のある人向けに、
かなり抜粋して、おそらく必要であろう・・・
そういった部分に当たりをつけてお話しをしています。

いまあなたのHPがワードプレス以外のものであれば、
ワードプレスに移行することを検討する必要があるでしょう。
仮にいまワードプレスを使用しているが思いほのか結果が出ていないという場合は、
中上級者の運用に目を向ける必要もあるかもしれませんね。

 

WEBコピーライティング の14へ続く

 

プロフィール

過去の投稿へ
コンバージョン ( Conversion ) ー WEBコピーライティング の12ー
次の投稿へ
ブログおすすめ の書き方6つのポイント ー WEBコピーライティング の14ー

関連記事

メニュー