ワードプレスは初心者にも優しい CMSです。

お知らせ

 ワードプレスは初心者にも優しい CMSです。
WordPressは Google の 検索エンジン がブログ記事を探しにくるとき、
最も検索エンジン に障害なく、役立つ情報かどうかを判断してもらえる・・・
そんなシステムです。
※CMS( コンテンツマネジメントシステム :Content Management system)

巡回ロボットがあなたの記事を探しに来たとき、
良質の記事であれば検索エンジンの中に貼付け(インデックス)してくれますので、
検索でも表示されるのがスムーズというわけです。

上記のように、2021年1月現在、
グーグル73.66%、yahoo!13.74%(グーグルとyahooは同じ検索エンジン)なので、
90%近いユーザーがGoogleを使用していることがわかります。

ですので、ブログを書く場合、
冒頭で申し上げたワードプレスというシステムの中で作成投稿することが、
SEO や CV ( 成約率 )対策になる一歩目の「選択」となるでしょう。

 ワードプレス を選択する決断

まず「HPの運用目的」とは具体的になんでしょうか?

多くの方は、たくさん HP を見てもらって、 アクセスユーザー と多くの 成約 を締結し、
チラシ、メディア、セールスマンの訪問などで計上できなかったはずの・・・
そんな売上利益を獲得するのをHPの目的にされていると思います。

すると、この構図は重要になってきちゃいますね。。
【ネットからの集客=Google上位表示=ワードプレスを使用する】
・・・どうでしょうか?

更に言うなら、これから作る HP はいいとしても、
すでに存在するHPがワードプレス以外のシステムを用いている場合、
システム入れ替えの決断が求められるかもしれません。
いま、うまくネット集客できていれば、まだ大丈夫かもしれませんが、
仮にそうでない場合、デザインや文章がどんなに素晴らしくても、売上には結びつきません。

見た目が素晴らしいのに、ほとんどHPからの集客がない・・・
そのようなHPは巷に溢れかえっているのです。

4つの引込線(トラフィック)

突然ですが、HPに引き込むための4つのトラフィックって聞いたことございますか?
organic(オーガニック):長期安定型の引込線で、ブログが有効
Social(ソーシャル):瞬間的にトラフィックを作りたいときの引込線で、Twitter・Instagram・Facebookの投稿など
referral(リファーラル):あなたのHP内の記事を第三者がリンクしてくれて、それをクリックした場合など(推薦・委託という意味を持つ)
Direct(ダイレクト):名刺や看板、広告などで、既にあなたの会社の名称を知っている人が直接検索する場合など

このうち、HP運用で大事なのは順番に、
organic:ブログを書く
Social:SNS投稿をする
referral:記事を第三者にシェアしてらう
※Direct:こちらはHP外での動きが多くなるでしょう。

トラフィックとワードプレス は何か関係があるのか・・・
それにも触れてみましょう。

↓つづきを御覧ください

 ワードプレス でHPを運用するメリット(Social編)

まずSocial(TwitterやInstagram)についてのメリット。
下記はワードプレス内で、新規のブログを投稿する画面です。
右側に☑Twitterと記載があるのをご覧頂けると思います。

もう気付いたかもしれませんが、
ブログを書いて、Twitterのチェックボックスに✔をいれると、
ブログ投稿と同時に、Twitterでも記事のURLが投稿されるのです。
SNSでは文字制限がありますので本文にブログ並みの記述は難しいですが、
このように、ワードプレスで記事を書くとTwitterと連動させることができるんです。
これはワードプレスを使う大きなメリットの1つとなっています。

もちろん、なんでもかんでも、すべての記事をSNSと連動させる必要はありませんが、
あなたのセンスでうまく併用することができれば、organicとSocialのトラフィックを、
効率的に作ることが出来るようになるでしょう。

 ワードプレス でHPを運用するメリット(ブログ編)

ワードプレスは Google の 検索エンジン がブログ記事をインデックスしやすくなる、
SEOに大変適したシステムであることはお話したとおりです。

では、ワードプレス内でブログを書く場合、
どのようにすれば、あなたの書いたブログ記事を、
巡回ロボットがより確実にインデックスしてくれるのでしょうか?

正直なところですね・・・非常に多くの決まり事があるんですブログを作成するのにも。
ただ、その決まりごとすべてを守っていると、
ちょっと。。いやかなりかなぁ・・・嫌になってしまうと思います(そのくらいの数です)。
こっそり言ってしまえば、そのすべてを守らなくても一応インデックス自体はしてくれますので、
まずは、高確率でGoogleがあなたの記事を検索に表示(インデックス)してくれるための・・・
その部分を知って欲しいと思います。一部無視していいなんて内緒ですよぉ

さて、この図をご覧ください。


ワードプレス内のブログを作る画面の一部ですが、
見出し1 見出し2・・・と選択できるようになっています。
使い方はいろいろですが、
この中で必ず守って欲しいのは・・・
“見出し2” を4つ以上作る必要があるということです。
見出し2を作ると、下の図のように「青い帯」の中に、
見出し2で書いたサブタイトルのようなものが表記されます。


見出し2 を4つ作るということは、サブタイトルの入った青い帯がブログ中に4本入ることを意味します。
サブとは言えタイトルである以上、見出し2の下にはそのタイトルに沿って文章が続くことになります。

この見出し2を4つ+各見出し2へ続く文章(ライティング)+メインタイトル・・・
これを心がけることで、Googlがインデックスしてくれるようになるでしょう。
※コピペや写真の無断転用、ほぼ同内容の記事の複製増産はペナルティになるので大幅に掲載順位が降下しますので、避けてください。

ワードプレスはSNS運用上も、ブログの作成上も非常にSEOとCV対策に適しています。

いまあなたのHPがワードプレス以外のものであれば、
今までよりは少し真剣に、ワードプレスに移行することを考えてみるのも良いと思います。

これからHPの制作される予定であれば、最初からワードプレスが良いでしょうね。

P.S

ワードプレスは初心者にも優しい CMSですが、
働きながらそれを学ぶのには手間と時間がかかるでしょう。
中でも「プラグイン」などセキュリティーやSEOの強化策などに関連するシステムも無数にあります。
初心者にも中上級者にも優しいのは確かですが、筆者は我流で学ぶのに、数年を要しました。

今なら言えますが、覚える時間自体は費用をかけても短くしたほうが良いと思います。
なぜなら、WEBの世界は目まぐるしく新しいルールが創設されていく世界なので、
我流でやっていると、
「最新」と思ったものが「一昔前」になってしまっていることも多いのです。

わたしはWEB関連の事業のほか、行政書士という事業も併用しておりますが、
何事においても、10年以上のキャリアを持った専門知識を有する人のお話を聞くのが、
最も迅速に正確な結果をもたらすように思えます。

そう、一般道路で信号や渋滞に阻まれながらナビを頼りに運転するのと、
高速道路で親切で大きな標識を見ながら快適に、かつ、短い時間で目的地に到着するくらい差があるように・・・

過去の投稿へ
00 WEBサービス取扱商品変更のお知らせ。
次の投稿へ
ワインをよく飲む人ほど早くモトが取れる。数百円のワインに魔法をかけたら思わず笑う美味さに。

関連記事

メニュー