インターネット広告 の効果はテレビを抜きました。今も差が開き続けています。 ー WEBコピーライティング の3―

WEBコピーライティング

インターネット広告費 を一番かけている。
すでに、テレビより インターネット によるが 宣伝広告 方法として効果的になった。
・・・これはウソではありません。
いまさら何かの統計を引っ張ってきてご説明するほどもないくらい、
紛れもない真実なんです。
正確に言うとここ1〜2年で、 インターネット広告 がテレビを抜きました。

最近のことですし、正確にはわたしも知りませんでしたので、
知らない人が多いのが普通だと思います。
どうぞ安心してください(笑)

現代の 広告媒体 のシェア

   インターネット広告:約44%
             テレビ 広告 :約32%
            新聞:約6%
              ラジオ:約6%
                 雑誌等:約4%
                    その他合計:約7%

この割合は世界的な動きでもあり、
広告 を制するには インターネット を制さないといけないという構図になってきたと言えます。

以前までは主流だった、新聞や雑誌等の割合も、
すでに インターネット広告 とは大きな差がついてしまっています。

ある社長さんのおはなしですが、
「紙媒体(チラシなど)」は、お金や時間ばかりかかって、
1万枚配布しても問合せはゼロなんて珍しくない。
それでも1枚5円とか7円とかかかるから、
3万枚とか頼んだら10万円なんてすぐに超える。

それに比べたら、インターネット広告なんて、
興味ある人だけクリックしてくるから、
費用も手間も効率性も、紙媒体とは比較対象にならない・・・
契約にも繫りやすいしね。

これは作り話ではありません。
ためらい続けた末、紙媒体の広告に限界を感じた社長さんが、
馴れないインターネット広告を採用したあとの感想です。
“今でも、長く使っていた紙媒体に懐かしさを感じないわけでもないが、
お金かけて宣伝するんだから、利益を出さなきゃならない・・・
だから、こっち(インターネット広告)なんだろうね今の時代は。”

と、どこか割り切ったようにお話されていました。

 インターネット広告 使うためには ホームページ が必要となる。

世界シェア№1の インターネット広告 を採用するなら、
その 広告 を出稿するにも、 広告 をみて問合せてくれるお客様のためにも、
あなたの会社の ホームページ は絶対必要になります。

これは経営者目線で言えば至って普通の選択でしょう。
宣伝効果が薄れて利用する人も見る人も少ない媒体にお金と手間をかけるよりは、
初期段階でHP制作費用がかかったとしても、
その後効果的な広告を半永久的に利用出来るようになるわけですから。

あなたがインターネットからの集客にも力を入れたいのであれば、
インターネット広告はすぐに利用開始すべきでしょう。
もしHPをもっていないか検討中の場合は早めに制作することをお勧めします。


紙媒体などと異なり、インターネット広告は不特定多数の目にとまります。
これは何を意味するかと言うと、良いこともそうでないことも見えてしまうということです。
あまりに古びれたデザインも考えものですし、
サイト内のどこから問合せたらいいのかや、料金設定が分かり難く、
お客様側から見て「不親切」と写ってしまうようなHPになっていると、
ちょっと問題です。
この点はHP制作段階、または、今あるHPを見直してみる・・・
インターネット広告を利用する前に留意すべきかと思います。

 インターネット広告 ・・・実は一番格安ってホント?

100%そうですとはいい切れません。
・・・が、紙媒体より高くなることは稀です。
紙媒体やテレビなどで 広告 を打つよりも安価に、
それも桁違いに格安になるケースが殆どだと思います。
一つ明らかに違うのは、格安でも 宣伝効果 は抜群であるということです。

 宣伝効果 が抜群という理由の一つを挙げるとするならば・・・
チラシなどは必要ない人にも配られますから、ポイとされる可能性は極めて高い。
 ネット広告 の場合、その キーワード や商品を必要としている人しか「検索」しないから、
 クリック した人は、その殆どが「見込み客」と言えることになります。

さらに言えば、時間帯や曜日等を詳細に設定すれば、
さらに広告費用を圧縮できます。
巷には、インターネット広告手続代行する業者も数多くありますが、
広告の出稿はそれほど難しいわけでも有りません。
下記のサイトは Google広告 のサイトです。
参考までに。。

ただし、1点だけお金だけでは難しい部分があります。
それは、広告に掲載する「宣伝文言」です。
ここをありふれたものにしてしまうと、時間と費用のムダになりかねません。
与えられた文字制限いっぱいに使ってあなたのサービスをアピールし、
思わず「クリック」してしまいそうな文章を考えましょう。

紙は捨てられたら終わり。 ネット広告 は見られなくても終わらない。

「紙媒体(チラシなど)」は、お金や時間ばかりかかって・・・10万円なんてすぐに超える。
それに比べたら、 Google広告 は興味ある人だけクリックしてくるから・・・
先ほど、ある社長さんの感想として触れた部分ですが、この社長さんが以前まで使用していた紙媒体広告ですが、
配布が終わった後はどうなるか・・・すこし声を大きくすると・・・

あなたの家の郵便受けに届くチラシや紙広告、
あなたは一つ一つ読んでますか? 
不要な場合、そのチラシや紙  広告どうされてますか?
ま・・・あまり掘り下げるとポスティング関係の方々から、
ちょっとうるさいし喋り過ぎだと言われそうなので、
このあたりでテンションをもどしますが・・・

”  Google広告 は WEB 上にずっと載っているので、
チラシや折込 広告 のように不要ならポイと捨てられる心配はありません。”

あえて言うなら、地球環境にも優しいと言えるでしょう。
ま、この部分は仕事というより人としてというところでしょうが。

まとめ

Google広告 の特徴など
・世界共通でシェア約44%でナンバーワン
・紙広告よりも安価であること
・捨てられることはなくWEB上に載り続ける
・クリックする人の大半が「見込み客」となること

経営者のあなたも最小限のコストで最大限の効果を出したいと・・・
思っているはずです。
きっと次のお話も気に入っていたただけると思います。

WEBコピーライティング の4へ続く

にゃんこ監督の仙台・帯安行政書士事務所
1970.01.01
にゃんこ監督の仙台・帯安行政書士事務所
https://sendai-taian.jp/copywritingblog7/
にゃんこ監督の仙台・帯安行政書士事務所
1970.01.01
にゃんこ監督の仙台・帯安行政書士事務所
https://sendai-taian.jp/copywritingblog6/
にゃんこ監督の仙台・帯安行政書士事務所
1970.01.01
にゃんこ監督の仙台・帯安行政書士事務所
https://sendai-taian.jp/copywritingblog5/

プロフィール

過去の投稿へ
ホームページ制作 とあなたの会社の社員さん、そしてコロナウィルス ー WEBコピーライティング の2―
次の投稿へ
ホームページに役割 を与えて仕事をさせなさい。ー WEBコピーライティング の4―

関連記事

メニュー