SEO対策とGoogle  ー WEBコピーライティング の6―

WEBコピーライティング

SEO対策とGoogle 対策はイコールです。
検索エンジンを最適化する対策が Google に検索表示してもらう上で重要です。
検索エンジン 最適化 ( Search Engine Optimization )の頭文字です。


あなたは SEO対策とGoogle のことなんか知ろうともせず、
平日の昼間、社員が仕事をしていても、俺は付き合いがあるからゴルフに行かないといけない。
ゴルフの後は食事会にも顔を出さないといけない・・・
だって、俺は社長なんだから、付き合いを広めないといけないんだ。
その付き合いが営業になって売上に反映されるんだ。
だから、平日にゴルフしたり釣りしたり・・・ 
経営者にとっては避けられないことなんだ!
なんて言ってないと信じてますよ。

まだなにもチャカして・・・いや言ってないですよ。
え? いまのお前の顔は、きっとチャチャ入れる感じだったって?
そんなこと多分しませんよ。

でも、社員さんが汗水流してあなたのために一生懸命働いているなか、
一体うちの社長はどこで何をやってんだ!と社員さんが愚痴る中、
ど平日に高級輸入車なんかでゴルフ場に乗り付けちゃったりして、
経営者仲間と「おっ社長久しぶり!」なんてやりながら日差し溢れるコースに出れたら・・・

え・・・?
それをチャチャって言うんですか?
それはそれは。。。


なんてね、いつも真面目な話だと面白くないと思いまして、
ちょっとひとネタさせていただきました。。

はい(笑)それでは SEO対策 のことですね。

 Google に 検索 されやすくすることを SEO対策 ともいいます。

なぜ Google に検索されるといいのかですが、
たくさんの人がインターネットで調べたいときに用いる検索エンジン だからです。

 Google  77.67%
Yahoo!  13.82%
bing  7.93% ( Windows 標準の 検索エンジン )
※Yahoo の 検索システム も Google を使用しているので実質的に  Google が92%のシェアを持っていることになります。

Google はこの先の回でも何度も触れることになりますが、
HP制作をする場合、ブログを書く場合、インターネット広告を出す場合などのほか、
あなたのHPの現状や過去と未来を数値化して確認できるシステムなど、
HPのSEOはもちろん、現在位置、傾向と対策などを知る上で必須のツールとなります。

ここでも触れているように、 検索エンジン のシェアは90%超です。
したがって、この Google に検索されやすくすることが、
SEO 上、切っても切り離せない対策となるのです。

 ホームページ 制作後は SEO という形での 運用 が必須です。

ホームページ は作って終わりではなく、
ちゃんと 運用 しなければなりません。
いわば、あなたの会社の社員教育と同じようなものです。

たとえば、社員さんを入社させて何も教えなかったら仕事ができるわけありません。
それは ホームページ も同様で、あなたの考えや目的を運用という形で動かしていかないといけません。

かりに、 HP制作 した後、 運用 せずに放っておいたら、
HP は何をすればあなたに褒められるのかが分からないまま放置されることになります。
そのまま何年も経過してしまうと、いずれ何十万円もした超高級な名刺みたいになってしまいます。
実際に、こういった 企業のHP はたくさんあります。

HP には、
・一度教えたら忘れない
・売上と利益が大好き
・24H・365日、幾つもの仕事を同時にできる
という大きな特長があります。

だから HP は必ず 運用 を継続的に行ってください。
社員教育と HP運用 には継続性が求められるのです。

HP運用 の一環として重要なのが、
SEO対策 を施すということなのです。
この SEO対策 をHPに施すことこそ、
社員教育同様、 HP運用 となるのです。

もし、あなたの会社のHPが「超高級な名刺」みたいになっているとしたら、
すぐにそのHPを制作した会社に連絡して、「運用したいから方法を教えて欲しい」と問合せましょう。
その際に、
「 SEO で検索を上げて、実際の売上につながる成約(CV:コンバージョン)・・・
これを上げる手伝いをして欲しい」と言ってください。
このときに、HP制作会社さんの目が泳いだり即答できなかったりする場合、
その業者さんは、HPから売上を上げるノウハウを持っていない可能性が高いです。
まずはあなたでこれを確認してみてくださいね。

  SEO対策 の一歩目 = 誰かがホームページ運用 すること。

ここでちょっとだけ耳を傾けてください。

それはなにかというと・・・
HP作ったら、90%くらいの会社さんはホッとして教育(運用)しなくなるんです。
経営者のあなたはHPが専門というわけじゃないですから、
その点は、仕方のないことです。
問題は、HP制作業者が「制作して終わり」と思っている場合なんです。

こうなってしまうと、 SEO どころではありません。

そして、HP運用をだれもやらないと、空き家になった廃屋みたいに、
あなたのホームページもどんどん荒んで痛みが激しくなり、
だれも寄り付かないものになっていきます。
家を建てたら、誰かが住んで定期的にメンテナンスしていかないといけないように、
ホームページを作ったら、誰かが定期的にメンテナンスしないといけないのです。

なので、SEO対策の一歩目は「だれかがHPを運用する」ことです。
そして運用にあたっては大まかに後述の4項目・・・
①ライバル企業がどうやってセールスしてるかをHPに教える。
②あなたの取扱商品が世間からどのように見られているのかもHPに教える。
③ライバル企業のHPより、あなたのHPが上位に行くように、良質な情報が数多く掲載されるようにする。
④あなたの運用がHPにちゃんと伝わっているか、定期的にチェックして改善する。

これを行っていきます。
この4つは誰にでも出来るようで、
90%くらいは出来ていないのです。
そもそも、誰が運用するのか決まっていないケースなどは、
それ以前の問題となってしまいますが。

もっとカッコいい話だと思っていた方もいると思いますが、
SEO対策 で最も大事なことは、誰かがHPを運用することだったのです。

さいごに

HP運用は基本的に、社員さんやあなたがやることになるでしょう。
社内で運用できるのなら、数字上の人件費はかかりません。
もちろん、専門業者に任せたいと・・・別にこれも普通のお話しです。

HP運用を外注で委託する場合も
「 SEO で検索を上げて、実際の売上につながる成約(CV:コンバージョン)・・・

これを上げる手伝いをして欲しい」・・・そう、ハッキリ伝えてください。
これの意味を把握できないとあなたが判断した場合、その業者さんにはゼッタイ委託してはいけません。

そして、誰が運用を行うにしても、
下記の4つ軸はぶれないようにしていくことが求められるでしょう。

①あなたのライバル企業がどうやってセールスしてるかをHPに教えましょう。
これを「競合調査」と言います。

②あなたの取扱商品が世間からどのように見られているのかもHPに教えましょう。
こちらも長い間HPからの集客が滞っているようなら重要なフィードバック作業になります

③ライバル企業のHPより、あなたのHPが上位に行くように、良質な情報が数多く掲載されるようにしましょう。
同じようなやり方をしていたらいつまでも抜けませんし売れません。ここも季節や流行に応じて「動かす」必要があります。

④あなたの指導がHPにちゃんと伝わっているか、定期的にチェックして改善していくんです。
①②③がちゃんと出来ているか、定期的にチェック・修正・改善・更新が求められます。

次の回では、①〜④についてもう少し詳しく触れていきます。

そして、肝心の「実際に売る(成約率=CV(コンバージョン)」という作業も必要です(これはまた別の回で)。

 

WEBコピーライティング の7へ続く

 

にゃんこ監督の仙台・帯安行政書士事務所
1970.01.01
にゃんこ監督の仙台・帯安行政書士事務所
https://sendai-taian.jp/copywritingblog7/
にゃんこ監督の仙台・帯安行政書士事務所
1970.01.01
にゃんこ監督の仙台・帯安行政書士事務所
https://sendai-taian.jp/copywritingblog6/
にゃんこ監督の仙台・帯安行政書士事務所
1970.01.01
にゃんこ監督の仙台・帯安行政書士事務所
https://sendai-taian.jp/copywritingblog5/

プロフィール

過去の投稿へ
ホームページの声 を聞く ー WEBコピーライティング の5―
次の投稿へ
マーケティングリサーチ をしてライバルに差をつける ー WEBコピーライティング の7―

関連記事

メニュー