第14巻 制作したHP君に4つのことを教えてあげて。誰が手伝ってもいいから。

WEBコピーライティング

HPくんは、あなたの会社の新入社員です。
だから、ちゃんと教育(運用)しなくてはならないんです。
前回こういうお話しをしましたね?

ゴルフのことばっかり考えてちゃだめですよ?
経営者で忙しくて平日でも付き合いでゴルフに行かなくちゃなんないんでしょ?
社員さんにボロクソ言われようが、ゴルフはあなたにしか理解できない付き合いなんですから、
しょうがないじゃないですか! ね? そうなんでしょ?

え? どーもお前の言葉は心に響かないって?
それは私だけのせいなのかなぁ〜。。。(笑)

HP君に4つのことを、あなたが教えてあげてください。誰かに手伝ってもらってもいいですから。

HP君の教育(運用)に必要なこと・・・
①ライバル企業がどうやってセールスしてるか?
②自社の取扱商品が世間からどのように見られているのか?
③ライバル企業より、良質な情報が数多く掲載するよう促す。
④あなたの指導がちゃんと伝わっているか、定期的にチェックして改善していく。

覚えてますか? 前と同じこと言ってんですよ?
ゴルフ行きたくてメンバー集めに奔走して、
天気予報ばっかり見てたんじゃないですか?

☑HP君に、あなたのライバル企業がどうやってセールスしてるかを教えるんです。

あなたの会社が全国展開か地域密着か・・・
商域はわかりませんが、気になるライバルっているはずです。

あなたは、そのライバルのHPって見たことありますか?
そのライバル企業のHP見て、どんな事書いてて、どんな売り方してるか、明確に把握してますか?
これ、市場の調査みたいな感じですよ?
ゴルフ場のバンカーの位置とか、ピンの場所ばっかり探してちゃだめかもしれませんよ。

ライバル企業のHP見てたら、もっと気になってきた違う競合会社のHPとか出てきませんでしたか?
あなたがHPで検索して出てくるということは、その会社のHPは上位表示されてるわけですね・・・
・・・ということは、その会社さんよりあなたのHPが上に表示されないと、
同じような商品を扱ってる以上不利ですよね・・・

これを、売上と利益が大好きなHP君に教えるってわけですよ〜
あいつらより上に来るようにしなくちゃならんと。
HPくんは優秀だから、そこから先はあなたのアドバイスなんていりません。
教えてくれれば、勝手にやり始めるんです。

・・・巷でいうと、SEO対策とかいうやつですね。
さわいでるだけあって、まぁ、結構重要なんですこれが。

☑いま、あなたの取扱商品が世間からどのように見られているのかもHPに教えるんです。

まわりばっかり見て、自分のこと知らないと、恥かくこと多いでしょ?
みなさん、自分や社員の服装とかマナーにはものすごく注意を払うんですけど、
自分の会社のHPに注意を払ってる人って、恐ろしく少ないんですよぉ・・・

この時代は、会社に問い合わせる前にまずはHP見る人がほとんどです。
そのHPが、どんな風に見られているのか・・・・
あなたの会社のHPは大丈夫ですか?

え? おまえが商売にしたいから、不安をあおってるんだろって?
なんで分か・・・いや、なんてこと言うんですか!
わたしはあなたのことを、顔で心配して・・・心でわらっ・・・
いや、心配して言ってあげたのに!

とにかく(笑)!
いま、あなたの取扱商品が、世間からどのように見られているのかも、
新入社員のHP君に教えるんです。

敵を知り、己を知るって・・・
ん? ちょっと場面が違うか・・・?
ま、どっちでもいです、ライバルも自分のことも知った上で、
HP君になんとかしてもらうんです。

ライバル企業のHPより、あなたのHPが上位に行くように、良質な情報が数多く掲載するようHPに促すんです。

あなたや社員さんが一生懸命会社の良さをアピールしたビラを作って、
汗水流してそれを訪問して配ったり、ポストに入れたり・・・
飛び込み営業、テレフォンアポイントしても、
非効率で疲れるし、雰囲気も悪くなるんじゃないですか?

かと言って、新聞や雑誌とかのビラ広告使っても、
費用は絶対掛かるけど、ゼッタイに問い合わせがくるって、
広告会社さんが約束してくれますか?

だったら、命令をずっと聞いてくれて、
あなたや社員さんが書いたものなどを、
24H・365日掲載し続けてくれる人(HP君)に任せたほうが良い気がするな・・・
って、悔しくても思ったりしませんか?

え? ちょっと声が小さくて聞こえないんですけど?
わかったから?・・・いいから続けろって?

だんっだんっわたしのペースになってきましたね(笑)
では、張り切って・・・
下の図、記憶の片隅に残ってますか?

半年前は一月/100人くらいしかみてないHPが、
半年後は一月/3000人超えです。
300倍です(問合せも財務的な数字も上がったことは言うまでもありません)。
もっとすごいのは、ちゃんとした方法を継続的に行えば、
数字は更に上昇していくんです。
専門的な話は避けますが、有料広告より圧倒的に価値があるんです。

頭を使って、数字の入った説明をするなんて、
わたしも大したもんでしょ?
・・・だから? そういうのがなければ・・・
褒めようとしてたんですね・・・早く言ってって言ったのに・・・

あなたの指導がHPにちゃんと伝わっているか、定期的にチェックして改善していくんです。

敵を知り、己を知り、それを踏まえてHP君に教育(運用)を始めたあなたは、
会社でもゴルフ場でも、行きつけのスナックでも、釣り船の上でも・・・
どこでもいいので、それらを定期的にチェックして改善していくんです。
つまり、HP君の動きを定期的に見るようにして、
あなたの教えたとおり動いてなければ、「ここ改善してね」って伝えるんです。

え? ネット詳しくないから多分できないって?
じゃ、社員さんにやってもらってくださいよ。
え? 社員さんも手が回らないだろうって?
・・・そういう疑いの目でわたしを見ないでくださいよ。
知らない人が見たら、わたしが事業誘致してるみたいに思われるじゃないですかぁ〜

違うのかって?
ま、ちょっと真面目に言いますけど、
それは経営者のあなたが決めること。

でも、HPのことを人に頼むかどうかは別にして、
ある程度中身の大枠は知っておかないと、
正しい方向に行ってるかどうかもわかんなくなりますから、そこは注意ですよ。

会社の財務状況だってそうでしょ?
売上高、経常利益、当期利益、純資産、負債総資産・・・
B/SやP/Lすべてわかんなくても・・・
経理や財務が奥手なあなたであっても・・・

最低限知っておかなければならないことってあるはずです。

HPもそれとおんなじですよ。

①ライバル企業がどうやってセールスしてるか?
②自社の取扱商品が世間からどのように見られているのか?
③ライバル企業より、良質な情報が数多く掲載するよう促す。
④あなたの指導がちゃんと伝わっているか、定期的にチェックして改善していく。

少しは重要性知って頂けましたか?

次は①ライバル企業がどうやってセールスしてるか?について、
それをあなたがHP君に教えるとき、きっと役立つことが書いてありますよ(笑)

第15巻に続く

プロフィール

過去の投稿へ
第13巻 HPを制作したら、平日でもゴルフにいけますか?
次の投稿へ
第15巻 ライバルを知り、あなたのHPに何をさせるか考える。

関連記事

メニュー