SNS運用 ( Social : ソーシャル )すると即効性が強い。ー WEBコピーライティング の9ー

WEBコピーライティング

 SNS運用 のトラフィック は Social ( ソーシャル )と呼ばれ、
ブログ で獲得する organic ( オーガニック )と並んで重要なツールとなっています。

SNS とは ツイッター 、 インスタグラム 、 フェイスブック などのことで、
あなたの生活にも馴染み深いものでしょう。
それと同時に、あなたの ホームページ への トラフィック としても、
大変重要な ツール の1つになっています。

ホームページ は作っても 検索に表示 されるまでには相当な時間が掛かり、
特に初期はほとんど集客できません。

その為、現在では ホームページ と同じ属性の ユーザー に アプローチ 出来る SNS運用 が必須とも言えます。

 SNS運用 は即効性と瞬発力を兼ねている

SNS( Social )と ブログ ( organic )の大きな違いは、
SNS は即効性が強いのに対し、 ブログ は即効性がないことです。

前述したように、 ホームページ は作っても
検索に表示 されるまでには相当な時間が掛かり、
制作直後から数ヶ月くらいは、ほとんど集客できません。

その為、長期安定を見据えた ブログ の 定期投稿 に加え、
この SNS運用 を併用することで、あなたの HP がより効果的に、
インターネット 上に露出する機会を増やす試みが必要となるのです。

 SNSの運用 と ユーザー 属性(2020年現在)

●  LINE  8200万人/月
●  FaceBook  2600万人/月(※休眠 アカウント が多い)
●  Twitter  4500万人/月
●  INSTAGRAM  3300万人/月
※  INSTAGRAM は利用者の65%が女性で、そのうち35歳以下が約70% 運営は Facebook  広告 では Faceook データも利用可能

各 SNS は ユーザー属性 が異なるので、
リーチ 出来る層が変わってくる事も視野に入れておきましょう。

 SNS 情報発信の 運用 時の留意事項とは

これは SNS投稿 でやってはいけない主な例です。
「お気軽にお問い合わせください!」
「今ならこの価格! 申し込みはお早めに!!」

SNSの運用 でよく見かけますが、
基本的に「売込み( セールス )」をやってはいけません。
売込みは、あくまでも ホームページ で成約する段階で行うものであり
その前の アクセス を集める段階で行うものではありません。

SNS は「 情報発信 」が重要で、
あなたのビジネス上の見込み客に対して 有益な情報 を発信し、
それらの媒体の利用者たちと接点を持つために利用してください。

あなたが投稿する記事はセールスでなく、
「役立つ情報」であること・・・これがブレてはいけません。
そして、自分の事だけでなく色んな人の投稿を見て、
イイねしたりコメントしてあげながらフォローすれば、
自ずと関心を持ってくれる人も増えていきます。

そうすれば「この人何やってる人なんだろう?」と、
プロフィールやHPにも興味をもってくれる機会も増えるのです。

 アクセス を集めるための「情報発信」は基本的に ターゲット 層のニーズに基づいたものに

・ 役に立つ情報
・気づきを与える情報
・ 問題を解決 する情報
・ エンターテイメント 性がある情報

こういった属性であることが必要で、
さらに、その発信媒体である SNS ごとのノリ(空気や雰囲気)、
言葉遣い等を踏まえたものであることも重要です。

こういったことに配慮せず、
自社の商品やサービスを宣伝する 投稿 ばかりしてしまうと、
たちまち フォロワー数 が減少していくでしょう。

 SNS運用 の目的と役割

繰り返しになりますが、 SNS運用 する大きな目的の1つは、
ゆっくり検索の上がる ブログ の organic  トラフィック を待つだけでなく、
手っ取り早くトラフィック を稼ぐ唯一の方法が SNS だからです。
つまり SNS は HP制作 初期段階で トラフィック 稼ぎをおこない、
ブログ による organic での検索上昇を待つ間、 トラフィック を補強する役割を担うのです。

さらに、 システム によっては、 ブログ と SNSが連動 できるものもあります。
ブログ を作成しその 投稿 をするのと同時に、 SNSも投稿 できるものです。
その際の SNS (主に Twitter )の 投稿 時には ブログ の URL が貼り付けられ、
SNS投稿 を見た人が、あなたの HP の ブログ記事 に引き込む トラフィック を作れるのです。
※この機能は ワードプレス ( WordPress )という CMS です。
違う回でご紹介予定ですので、ここでは説明は割愛いたします。

つまり、こういった SNS の特性を生かして、
Social という即効性のある トラフィック を作りながら、
相当数の人が欲している情報であろうと判断できるものについて、
その SNS の属性に慎重に配慮しながらセールス的な 投稿 を行えるのも、
もう一つの SNS の特徴であり役割と言えるでしょう。

 SNS の 投稿 についての 運用 時の留意事項など

投稿内容 は下記のようなものの属性であることが大事です。

・ 役に立つ情報 :専門的な視点から、一般の方が意外と知らないような情報など
・気づきを与える情報:日々の生活での不便さを感じる場面などに触れてみるなど
・ 問題を解決 する情報:長い悩みが、意外と簡単に解決できるものであったことを紹介するなど

これに加え、 エンターテイメント 性も含まれていれば、
読んでくれる人や関心を持ってくれる人も増えるでしょう。

ほかにも
・写真もいっしょに投稿する
・ プロフィール を 写真と文章 で作り込む
・ 投稿時間 を工夫する
・一番読まれやすい時間に設定した 予約投稿 機能を使う
・ フォロー してもらいたければ、先に フォロー してあげる

こういったことなどが基本的な SNS運用 の部分で考えられます。

SNS は 即効性 はあるものの、 コンテンツ は流れていき、
蓄積し難い一面があることにもあらためて留意しましょう。

 

WEBコピーライティング の10へ続く

プロフィール

過去の投稿へ
ブログ を定期的に 投稿 する。 ー WEBコピーライティング の8ー
次の投稿へ
コピーライティング技術 を ブログ と SNS で。ー WEBコピーライティング の10ー

関連記事

メニュー