第3巻 4つのテクニックで、ブログ記事を読んでもらう確率をあげよう。

WEBコピーライティング

前回の “ブログを作る基礎知識と、グーグルで検索されやすくるための基準とは?”
のおさらいになりますが、
① WordPress(ワードプレス)を使うことの重要性とメリット。

②グーグルでペルティを受けないための3つのこと

・コピペ禁止
・写真転用禁止
・同じ記事の複製禁止

③ブログの構成
・目を惹くタイトル
・導入文
・「見出し2」4つ以上

こちらは本当に重要ポイントですので、
あらためて思い出してください。

さて、あなたがここであげた①②③の3つのこと
これを純粋に守れば読まれるブログになるのでしょうか?

いえ、知らない人から見れば相当精通していますが、
ここまで来たあなたには、もっと知って頂かないといけないことがあります。

アクセスする人の60%は「見出し」しか読まない

「まじか・・・」と、記事を一生懸命書いているあなたは思うでしょう。
しかし、残念ながら事実ですこれ。
ただ、逆のことを言えば「見出し」がかなり重要ということなんです。

「見出し」に関心を示せば、その後に何を書いているのか気になるのが人間ですから。
もっと踏み込むなら、文章を全力で仕上げようとせず、
関心を引く「見出し」をどうやって考えれば良いのか・・・
ここに全力を注ぐくらいが良いとも言えます。
それに、見出しが決まると、文章も意外にあとから付いてくるもんです。

文章を読んでもらいたいなら、その前に来る「見出し」を
魅力あるものにするのが重要となってくるわけですね。

意外と知られてませんが、写真の下は2倍読まれるんです。

あなたも何かをインターネットで探すとき、
文章の塊になっているど真ん中を読むよりは、
商品の画像や、景色・動物の写真などがあると、
知らぬ間に写真の後の文章を読んだりしていませんか?

こういった意味からも写真を取り込むことは、
ブログ記事を読んでもらう意味で重要なのです。

文章の間に写真がはいると13%多く読まれるって知ってますか?

写真の下は2倍読まれると先程言いましたが、
文章と文章の間に写真が入ると、その前後を読んでもらえる割合が、
13%アップするのです。

どうしても長めの文章となってしまう部分について、
その長めの文章の真中くらいに写真をいれることで、
離脱する読み手を減らすことができるわけです。

7割〜8割はスマホユーザー

ブログを作るときはパソコンの人が多いと思いますが、
一方、読み手のユーザーの殆どはスマホを使用しています。

スマホは縦の動きに強いですから(指でヒョイですしね)、
あんまり長い文や、ありふれた内容になってくると、
“ヒョイ” とやられやすくなります。

つまり、多くの人は ”ヒョイ” とするのを前提として、
文字を真ん中揃えにするとか、文字の大きさや色にアクセントを入れるなど、
スマホユーザーを意識した工夫が必須となることを意味します。

まとめ

・60%の人は「見出し」しかよまない
・写真の下は2倍読まれる
・文章の間に写真を入れると13%多く読まれる
・7〜8割はスマホユーザー

こういったテクニックや知識の一つ一つを、
ブログの中で反映していくことで、
知らない人とは明らかに差が出るブログを、
あなたは書けるようになるでしょう。
いあ、すでに書けるようになっているかもしれません。

ブログを書くなら、あなたは3つのWhy? 知ってますね?

ブログを作る基礎知識と、グーグルで検索されやすくるための基準とは?

人よりもグーグルさんに検索されましょう。基礎の基礎、ブログを作るその前に。

プロフィール

過去の投稿へ
第2巻 ブログを作る基礎知識と、グーグルで検索されやすくるための基準とは?
次の投稿へ
第4巻 ブログを書くなら、あなたは3つのWhy? 知ってますね?

関連記事

メニュー