第6巻 価値観! 要求! 気持ち・・・ブログの読み手のBDFを捉えましょう! 【ペルソナ後編】

WEBコピーライティング

あなたの書いたブログ記事が「健康的な食生活について」
というタイトルだった・・こう前の第5巻で仮定しました。

そして、そのタイトルで読みそうな人は誰か・・・
・・・あなたの住まいの県には、県民が何万人いて、うち女性が半数くらいで、
20代半ば以上の女性で・・・
既婚者でお子さんがいる:16万人
既婚者でお子さんがいない:4万人
独身:15万人
これが「ペルソナ」だと、多くの反論を押しのけて?私は豪語していました(笑)

もちろん、本当の意味での「ペルソナ」を説明しようとすれば、
いろんな専門用語を交えて格好良くできるかもしれませんが
詰まるところ、読まれるブログを効率的に作っていきたい。
おそらく、その気持だけあれば、なにも問題ないと思います。
だから、ペルソナ=的を絞る・・・
今の所、これで十分かなと思います。

そうは言ってもペルソナ気になるって?
そうですね・・・確かに前巻ではこれ以上掘り下げませんでしたが、
どうです?
あなたの書きたいブログに合わせて、ペルソナの簡単な意味も含め掘り下げてみましょうか?

ペルソナ(ターゲットの人物像)の重要性

どうです? ちょっとタイトルが格好良くなってきたでしょう?
わたしもやればできるんです・・・
わたしもサラリーマンのときはね・・・!
・・・えっ?あんたのことはいいんだ、説明を始めろと・・・?

そんなに言うなら真面目に話ます。

あなたのお客様やブログの読み手の人はどんなターゲット層でしょうか?
ターゲット層は出来るだけ細かく、一本に絞るのが効果的です。
たとえば20代~70代の女性がターゲットだと範囲が広すぎて、文章で訴えたいことが弱まります。
これを働く20代~30代の働く独身女性とすれば、自ずとフレーズも決まって来ます。

もう、チャカしたりしませんよ、続き見てください。
ターゲット層を射止めるBDFフォーミュラ:BDF(信念・要求・気持ち)って知ってますか?
一つずつ確認してくださいね?

Belief (信念) ペルソナ(読み手)が抱いている普通を覆す

今まで当たり前のことと思っていて、疑問すら思っていなかったようなことが、
ひっくり返るような事実があると、強烈なインパクトを与えることができます。
常識を再確認→常識を覆す→新しい常識を伝える
例)一日3食きちんと食べるのが良い → 実は適度な断食状態が細胞を若返らせ長寿の秘訣である
→ そんな訳でほんとうは1日2食の方が身体に良い。

これを意識するだけでも、だいぶ読み手を惹き込む文章となるでしょう。
自分の言いたいことを伝えるのも大事ですが、


読み手が魅入ってしまう文章表現を意識することは・・・
それを超えるくらい重要なんです。
ターゲットを射止めるために覚えておきましょう。

Desire (要求) ペルソナ(読み手)の悩みを解決せよ

なんでみんなネット検索するの?
何かを調べたり、確認するから? そうですねあたってます。
じゃ、なぜ調べるの? 確認したいの?

・・・・なんで?

みんなゴールを見たいんです。
スマホやパソコンを操作する瞬間がスタートで、
「そうだったのか!」「そんな方法があるのか」「やはりこれであってたんだな」
という一定の「ゴール」がほしいんです。

なので、お客様の要求や悩みを解決できる具体的な情報を提供することは大事なんです。
例えば・・・
読み手の要求)お金がかからないダイエット方法を知りたい
あなたのブログの例)ジムにも通わず、高額な食品も不要な、健康的で効果的に、しかも長続きする減量方法があったんです。

読み手は、怪しい・そんなの世の中にはない・・・など、それが当然だと思っていることが意外に多いのです。
しかし、裏を返せば「ないからこそ探す・欲しい」ともなるわけです。
そこには読み手の強い欲求や悩みがあるわけです。

Feering (気持ち)

あなたのブログが、自慢のサービスを有料で提供したい内容だったとします。
その場合、読み手は見込みあるお客様・・・つまり見込み客という位置づけです。
見込み客ということは、商談中、検討中の位置づけです。
つまり、サービス内容は良さそうだが、迷っているとも言えますね。

この場合、
サービスの品質や素晴らしを言葉巧みに並べて、
サービス等買って貰おうとする人のなんと多いことか・・・
違う店に行っちゃいますよきっと。
もしくは違うサイトにね。。

お客さんは、セールストークを聞きに来たんじゃないのです。
「買うと、その後どうなるの? どれくらい良くなるの?」
それを聞きたいのです。それを想像したいのです・・・

買ったあとの気持ちを想像できる文章を書くこと。欲しいのは物ではなく未来の体験!
例)×腰痛が良くなる → ○また昔のようにいろんな場所に行くことができる様になりますね。


例)×新車を買う → ○仕事から開放され風を感じながら気持ちの良いドライブをしている自分・・・
これを、あなたが書かないといけないのです。

これが、お客様の気持になって・・・
つまりお客様の “Feering (気持ち)” なんです。

今回は キマったんじゃないかな・・・
私もやればできるでしょ(笑)

まとめ

ターゲット層を射止めるBDF(信念・要求・気持ち)
これを知ったあなたは、コピペ禁止!、4つのテクニック、3つのWhy?
タイトル文作成に力を入れる、導入文160文字、見出し2を4つ以上・・・
これも踏まえた上で、さっそくブログの構成を考えてみて良いかと思いますよ。

・・・でもね、
「続きがあるんでしょって?」
(笑)・・・そのとおりです。
もっとまわりと差をつけたいでしょう?
任せてください。
ちゃんと準備しますから。

あなたも忙しいのに、わたしの話につきあってくれて、
本当にありがとうございます。

第7巻 あなたが知らぬ間に他人の記事の読み手にされていた? ブログに基礎の型なんてあったの?  【ブログの型:第1編】

第5巻 あなたのブログ、読む人はどんな人?【ペルソナ前編】

第4巻 ブログを書くなら、あなたは3つのWhy? 知ってますね?

第3巻 4つのテクニックで、ブログ記事を読んでもらう確率をあげよう。

第2巻 ブログを作る基礎知識と、グーグルで検索されやすくるための基準とは?

第1巻 人よりもグーグルさんに検索されましょう。基礎の基礎、ブログを作るその前に。

プロフィール

過去の投稿へ
第5巻 あなたのブログ、読む人はどんな人?【ペルソナ前編】
次の投稿へ
第7巻 あなたが知らぬ間に他人の記事の読み手にされていた? ブログに基礎の型なんてあったの?  【ブログの型:第1編】

関連記事

メニュー