第9巻 社員とホームページ制作の3つのメリット・デメリット。経営者のあなたの悩みは社員の成長?売上の伸び悩み?

WEBコピーライティング

経営者の方なら事業体としての成長・・・
きれいごとは抜きにすれば「売上アップ・利益アップ」が永遠の課題です。
売上が上がればもう少し、あと少し、下げたくない・減らしたくない・・・
きっと年中・・・いや経営を続ける限り直面する「相手」でしょう。

そして、その相手と戦うために、社員さんを雇用して、
あなたの手となり足となり、時には目や耳、口や頭脳となってもらえるよう、
一生懸命あなたの「こうして欲しい」・・・・
それを教育と言う形で伝えることになるんじゃないでしょうか?

社員さんは、全員100%理想通りに成長してくれそうですか?

さきほど「売上」は経営を続ける限り、永遠に直面する相手だと・・・
わたしはそう申し上げました。
これに対して、No・・・こう仰る経営者の方は限りなく少ないと思います。

そして、この「社員さんの成長」についても・・・
売上と直結することですから、やはり「永遠の課題」と言えるのではないでしょうか?
わかったぞ!だからHP(ホームページ)が良いって誘導したいんだろうって?
まぁ、完全否定はしませんけど、だからといって、売りつけるわけでもないです。安心ください。

HPが良くて社員さんがダメと言ってるんじゃないですよ、だって両方大事な存在ですから。

経営者のあなた一人ですべてが回る事業体なら良いでしょう。
でも、営業時間内に来る電話の全てを、あなた一人で受け取れますか?
来店・来社などされる訪問客の対応を、あなた一人ですることができそうですか?

たとえばあなたがリフォーム業などをされているとしたら、
営業をしなくては仕事を取れません。
工事をしなくては利益をあげられません。
さらに、営業しながら工事をしながら、電話受付や経理業務など・・・
本当に一人で手が回りそうですか?

やはり社員さんの存在って大事なんだと思います。
わたしも、そこに異論はございません。

次に考えたいのは、事務や経理などをしてくれる社員さんと、
営業(セールス)をしてくれる社員さんの必要性・・・
どちらの職種があなたにとって有益な存在でしょうか?
どちらの存在が給与を多く支払う必要がありそうでしょうか?

あなたの事業体は、どのような属性ですか?
あなたの得意分野は事務方ですか?営業畑ですか?

社員さんとHPのメリット・デメリット・・・ちょっとだけ聞いてくれますか?

やっぱりあんた、HPを売りつけようとしてるんだろ!・・・って聞こえてきますが、
さきほど言ったじゃないですか、売りつけるつもりはないって。だから引続き安心してください(笑)

社員さんのメリット3つ

・成長を見守る楽しみがあり、あなたの右腕かそれ以上の存在になる期待がある
・愛情が芽生え、教育というコミュニケーションを通じて、経営者である、あなた自信の成長につながることも多い。
・社員さんの個性はもちろん、あなたの教育次第で臨機応変な対応をしてくれることがある。

社員さんのデメリット3つ

・給与、福利厚生、法律の定めによるものなど、とにかく「固定費」が大きく、貢献度合いは別に、
給料を定期に上げないと離職率があがる。これは成長した社員さんにも言えること。
離職されると募集や教育の費用がかさみ、あなた自身時間も取られてしまう。

・固定費を超える貢献をしてもらわないといけないので、教育に手がかかり、
その教育も社員それぞれのタイプに合わせたものにしないといけない・・・
つまり、あなたが各社員にあわせた指導スタイルを持っていないといけない。

・あなたの基準で要求したり期待すると、応えてくれないとき失望するときがあり、
欠勤・怠慢になると経営者から見てイライラする場面が多くなる

HPのデメリット3つ

・とにかく横文字含め、打ち合わせ時も頼んだあともわけがわからない
・結果(売上・利益)が上がるまで信用できない。
・自分で作れないので人任せになる。

HPのメリット3つ

・24時間365日インターネットで会社の宣伝をしてくれるうえ、欠勤とか怠慢もない。
・苦手なら教育は人任せにしていい
・一人のセールスマンとは桁違いの売上を呼び込む力がある

ちょっと偏ってんじゃないかって?
HPの方を良く言ってるように聞こえるぞって?
・・・そこも否定はしませんが、でも全てがそうでもないでしょ?
本気で事業の向上を考えている経営者の方々なら、そんなに偏ってもいないと思うのですが・・・

本来の理想のあなたの仕事とは?

売上げは盤石で、取引先や顧客とのつながりも強固。
あなたが経営者として成長していけば、取引先の担当者や経営者も成長していきます。
これは、第一線で真剣な真っ向勝負をして場数を踏んでいけば必然のこと。
それらを経て苦難の末築いた信頼と実績を、社員さんに伝承するわけですが・・・
ここが一つのあなたの勝負どこであり、不安要素でもある・・・違ってたらごめんなさい。

あなたは、ドシッと構えて、部下に任せゴルフや釣りに行きたいと・・・
そう思ったこと、一度や二度はあると思うのですが・・・どうでしょうか?
「まあ、あんたの話に同意したわけじゃないけど、無いと言ったら嘘かもなと。」
わたしは非難されても断言しますが「無い人」なんていないと思います!

社員が仕事していても、あなたは「取引先との付き合い」と言って、
ゴルフや釣り、旅行や食事会に参加したいんです。
むしろ参加することが、経営者にしかできない、あなたの一つの営業スタイルでもあるはずなんです。

経営者は、社員さんの目につかないところで、
そして、なるべく社員さんに気付かれないように売上を管理しないといけません。
他にも、お客様の管理も必要です。
社員さんの勤怠管理や人材育成も必要です。
協力先との連絡調整や交渉ごともあるでしょう。
そのうえ、家庭のこともあるわけです。
つまり、すべてに心労が絶えない、手を抜けないお立場です。

こう考えると、HPは軽視できないと思うんです。

・24時間365日インターネットで会社の宣伝をしてくれるうえ、欠勤とか怠慢もない。
・苦手ならHPのことは(教育は)人任せにしていい
・一人のセールスマンとは桁違いの売上を呼び込む力を秘めている

いっぽう、社員さんは、突然の欠勤や退職。
健康診断・・・三六協定・・・就業規則・・・備品の支給・・・
年金や保険料の負担、退職金の積立や有給休暇に定期昇給に賞与・・・
手当の支給に、社員間での平等性やバランスの兼ね合い・・・

やっぱりあんた社員よりHPを・・・まぁまぁ(笑)
でも、どうですか?
全部否定するのはちょっと難しいと思うんですが・・・
悔しいし、認めたくないけど、けっこう合ってたでしょ?

受け取り方・感じ方は人それぞれですから、
わたしは引き続きなにも無理強いは致しません。

でも、ちょっと気になってくれてるなら、
続きも見てくださいね。

第10巻につづく

プロフィール

過去の投稿へ
第8巻 あなたに寄り添ってくれるホームページ制作者さんを探してください。
次の投稿へ
第10巻 あなたの会社の広告宣伝方法はなんですか? チラシ広告? ネット広告? それとも・・・

関連記事

メニュー