子ども3人のために遺言書をつくりたい。行政書士が何カ月でも寄添います。(仙台市太白区西多賀:木村様【仮名】)

遺産相続, 遺言書

「母である私に相続が発生したとき、子どもたちで遺産分割協議をさせるのは不安」
そのために、生前贈与がいいのか、公正証書で遺言をしたほうがいいのか、
最近聞く、民事信託はどういう手続きなのか?

民事信託や贈与の検討もしましたが、
まだ相談者のお気持ちが固まっておらず時期尚早と判断。

まずは直筆での遺言書を作成し、何段階かに分けて、
贈与や信託の検討、遺留分についての対応などを進めていくことになりました。

手続き・相談:遺言書の起案など

主な財産:土地、家屋、預貯金等、収益不動産(土地:月極め駐車場)
推定相続人:子3名

プライバシーに配慮しているため、
明確な評価額等は表示いたしませんが、
土地家屋(居宅)、収益不動産、預貯金等の額を、
3等分することが非常に難しく、
それらの内容を解決するための遺言書の起案が
必要でした。

所要期間:約4か月

※中断期間3カ月除く

費用(実費除く):7万5千円

遺言書の原案作成
公簿(不動産登記、住民除票等、戸除籍等)取得代行
出張対応複数回含む

あとがき

木村様、令和2年7月から遺言書保管制度が開始します。
およそ5千円で法務局に保管申請可能となる運びですので、
またご連絡させて頂きます。

次の投稿へ
所要期間は3分の1。費用は10分の1。遺言じゃなくて縁組手続きって?(仙台市若林区南鍛冶町:久保様【仮名】)

関連記事

メニュー