田んぼ、畑を農地転用。次世代のために30筆を遺産分割協議。(仙台市青葉区中山吉成:京本様【仮名】)

相続付帯手続き, 遺産相続

農地の絡む相続手続きでした。
遺産分割協議書の作成の相談としての問い合わせでしたが、
土地(宅地)、建物のほか、田、畑などが30筆ほどあり、
相続と全体の手続きの総括を行政書士の私が執り、
農地転用担当の行政書士、権利部の登記を司法書士(権利移転や古い抵当権の抹消など)、
表題部の登記を確定測量等含め土地家屋調査士へと配役。
その後の税務手続き(相続時精算課税制度の適用など)を税理士が監修しました。

手続き・相談:相続に付帯する農地転用手続き等

田畑(農地)、山林、原野等が、
故人名義のまま。
次世代にしわ寄せがいかないように、
しっかり手続きをしておきたい。

主な財産:田畑(農地)、山林、原野等(約30筆)

※プライバシー保護のため詳細は割愛しております。

所要期間:約9か月

費用(実費除く):41万円(※宮城県外対応)

遺産分割協議書の作成など
農地転用許可申請書の作成・提出代行
現地調査など複数回
隣接地権者との折衝全般
耕作賃借人等の折衝全般
公簿(不動産登記、住民票等、戸除籍等)取得代行
その他付帯事務
※不動産登記費用等(司法書士の取次等)は含まず。

あとがき

京本様、今回取得した公簿関係の中でも、
特に戸除籍関連のものは大事に保管ください。
次回の手続きでも使用可能です。

過去の投稿へ
代襲相続人が登場。甥や姪と仲良く遺産分割協議書を作る。(仙台市若林区五橋:島本様【仮名】)
次の投稿へ
遺言書を作ったら、遺言執行者と死後委任事務の受託者を探そう。(仙台市青葉区錦町:安部様【仮名】)

関連記事

メニュー