第2巻 ブログを作る基礎知識と、グーグルで検索されやすくるための基準とは?

WEBコピーライティング

さて、人ではなく検索エンジンが、文章の評価などをしていることは、
“ 人よりもグーグルさんに検索されましょう・・・” でお伝えした通りです。

そして、その中で、人ではないグーグルという検索エンジンが、
人の作った文章をどのようにして評価するのかについて、
一定の「基準」があることも触れました。

あなたがグーグル検索で上位表示されるブログを作るのに無駄な時間や手間を極力避けるように、
今からその気になる「基準」の幾つかをご紹介したいと思います。
しっかり確認してくださいね。

検索エンジンが評価しやすいとされるシステムを使用しましょう。

巷には、ホームページを作るためのいろんなシステムが存在します。
その数は多く、正直、わたしもどのくらいの数があるのかよくわかりません。

なので、2020年7月現在、最も良いシステムだけご紹介します。
ズバリ「WordPress(ワードプレス)」です。

 

このWordPress(ワードプレス)は、検索エンジンが記事等を評価する際に、
最も障害がなく、ストレスなく記事の評価がしやすいシステムとされています。
検索エンジンにとってストレスが少ないシステムということは、
あなたがブログを書いたら、気軽に見に来てくれるということにも繫りやすくなるんです。

WordPressシステムの仕組みを説明しようとすると、
途方もないボリュームになってしまいますので、
詳しく知りたい方は下記のリンクを御覧ください。

検索で評価されるために知らないといけない3つのこと

先に触れた「WordPress(ワードプレス)」システムを使用して、
ブログを作るということを、まず最初にお伝えします。
そして、そのWordPressの中でブログを作ります。

その中でも、幾つかのルールを最初にお伝えしますね。

☑文章のコピペは禁止。文章は絶対に自作してください。

よく、検索で上位に来ている、他人や会社さんの作られた記事をペーストし、
それを自分の記事に貼り付けてから加工しようとする人がいます。
いわゆる「コピペ」と呼ばれるものですね。

大半の方は「文章や表現・順番を変えればわからないでしょ?」と、
決まったセリフを口にされます。

ただ、ここは人間よりも機械である検索エンジンの出番。
超高性能の分析システムを甘く見ているか、その存在を知らなかった人は、
これを機に覚えておいてくださいね。

どんなに加工しても「コピペ」は検索エンジンには通じません。

そして「コピペ」がバレると・・・
ペナルティとなり、その記事はどんなに待っても評価されることはありません。
評価されないということは、上位検索はされません。
しかも、コピペサイトは、色んな意味でサイト自体の評価も大幅にダウンしてしまいます。
サイト自体の評価が下がるということは、そのサイトでアップしたその他の記事も、
なかなか上位検索されなくなってしまうということです。

これも、知らずにやっている人はかなり多いようです。
せっかく知ったんですから、あなたは気をつけてくださいね。

☑写真の無断転用もダメですからね

文章のコピペ同様に、写真も他のサイトから勝手にコピペしてはダメです。
文章と同様のペナルティとなります。

無料の素材フォトサイトもありますが、
写真コピペ禁止を知っている人は、みんなそういうサイトを利用します。
どこのサイトを見ても「同じような写真」を見かけるのは、これが理由の一つでしょう。
これだと、ペナルティはなくても他の人との差別化がまったく図れなくなります。

本当にブログで検索上位にしたいなら、
写真も自分のスマホなどで撮影したオリジナルのものにしましょう。

☑同じ記事を複数アップしてはいけません

あなたが作ったブログ記事であっても、それを複製して、
投稿日時を替えて投稿してはいけません。
加えて、コピペしての加工もやめてください。

やはりこれもペナルティの対象となるのです。
※写真の使い回しはギリギリセーフですが、なるべく控えましょう。

・・・余談ですが

“ブログ作成代行100通で〇〇万円”・・・のようなサイトを目にしますが、
100通を自作するのって可能なんでしょうか?と思ってしまいます。
本当に自作されていることは信じたいですが、
100通だけならまだしも、何十・何百という依頼を受けているのなら、
数千記事〜数万記事になります。
そのうえ、コピペかどうかは人間の目では確認が難しいはずです。

もし、あなたや周りの人が、こういうサービスの利用を検討される場合、
本当にコピペではないのか?コピペではないことをどうやって確認しているのか?
万一コピペでグーグルからペナルティを受けた場合、何かしらの保障をしてくれるのかどうか・・・
これらは、最低限確認したほうが良いでしょうね。

3つのポイント。検索で評価されるための ”ブログの構成” を知る

WordPressのブログ機能の中には、様々な機能が付帯しています。
その中でも、重要な3つのことを知ってください。
・タイトルを目の惹くものにすることが大事です。
・見出しを4つ以上設けること
・導入文という箇所を160文字程度で設けること

タイトルを目の惹くものにする

ここを月並みの文言にしてしまうと、目を惹くことができません。
度を越さない範囲で、大胆なタイトルを考えましょう。
例:大きめのサイズなので安心です。 → きっとあなたの表情変わりますよ。どれくらい大きいとイメージしてたんですか? 
・・・など、多少「読んでもらう長さ」になっても大丈夫です。
とにかく、目立つ・目を惹くタイトルにすることが大事です。

導入文を160文字程度で作成する

仮に、先程のようなタイトルを実際に設けると、タイトル部分には
“きっとあなたの表情変わりますよ。どれくらい大きいとイメージしてたんですか?”
がきますね。
導入文とは、このタイトルに連動した文章となるのがベストです。

例えば、そうですね・・・その製品が宅配ボックスだとしましょうか。

・導入文の例
「今やだいぶ普及している宅配ボックス、不在時はもちろん、
お家にいても、お化粧をしていないときなどは、荷物の受け取りに便利ですよね。
さて、その宅配ボックス、あなたの家にあるものは、どのくらいの大きさまで入りそうですか?
(写真等を挿入して)こんな大きさのは入りそうですか?
・・・じつは、こんな大きさでも入ってしまう宅配ボックスがあったんです・・・・」

文字数は正確に数えてませんが、タイトル→導入文の流れは、
こんな感じだと「読まれやすくなる」ようです。

“見出し2” を4つ以上設ける

細部までは公表されていませんが、検索エンジンで記事を評価する際の、
一つの重要な基準として、「見出し2が4つ以上ある記事」というのがあるようです。

ここはものすごく重要です。

タイトル→導入文の流れをなるべくスムーズにつなげていくと・・・

各見出しはこんな感じでしょうか(ちょっと適当ですが)

・長さ1メートルでも入ります

・伸縮する材質なので普段は置き場所をとりません

・宅配ボックスのまま家の中に持ち込めます

・我が家ではこんな使い方まで・・・

そして、各「見出し2」のところに、
「見出し」に沿った文章をつくっていきます。

まとめなど

WordPress(ワードプレス)を使うこと。

グーグルでペルティを受けないための3つのこと
・コピペ禁止
・写真転用禁止
・同じ記事の複製禁止

ブログの構成
・目を惹くタイトル
・導入文
・「見出し2」4つ以上

P.S

この先も、ほかでは見れないかもしれないブログがあります。

あなたがブロガーになって稼ぎたい・・・
アフェリエイトで稼ぎたい・・・
自分のHPを検索で上に来るようにしたい・・・

目的はそれぞれだとおもいますが、
知っておいて損ということは・・・ないはずです。

続きもぜひ御覧ください。

4つのテクニックで、ブログ記事を読んでもらう確率をあげよう。

人よりもグーグルさんに検索されましょう。基礎の基礎、ブログを作るその前に。

プロフィール

過去の投稿へ
第1巻 人よりもグーグルさんに検索されましょう。基礎の基礎、ブログを作るその前に。
次の投稿へ
第3巻 4つのテクニックで、ブログ記事を読んでもらう確率をあげよう。

関連記事

メニュー