1校だけ!行政書士 試験 勉強 資格スクール有料講座

お知らせ, 行政書士試験

はじめての行政書士学習の、資格スクール有料講座・・・その学習量は?

いきなりですが、行政書士試験用の講座等を申し込むと
絶対配られる教材・講座等は後述の11科目等+関連教材等です。

1.基礎法学
2.憲法
3.行政法総論
4.行政手続法
5.行政不服審査法
6.行政事件訴訟法
7.国家賠償法
8.地方自治法
9.民法
10.商法会社法
11.一般知識等

ま、当然ですね。
試験範囲なわけですから(笑)

なかでも、民法は1000を超える条文に加え、
行政書士試験では、毎年300点のうち70点程の配点がある科目なので、
テキストも4~5冊くらいになるスクールが多いはずです。

こう言ったことから、
資格スクールの初学者用の行政書士講座を申込むと、
科目別テキストで15~20冊、
過去問、行政書士受験六法、練習問題関連、
試験直前の模擬試験など・・・・
そうですね・・・受験日のころには、
その数30~40冊くらいになるんじゃないでしょうか。

先ずは、その学習量を心にとどめておきましょう!

初学者用の行政書士講座を申込むと良い人とは?

さて、どんな人が初学者用の行政書士講座を申込むべきでしょうか?
もちろん、それは・・・・
「行政書士の学習を初めてする人でしょ!」
「大正解です!」
当たり前すぎながらも、そのまんまです。

資格スクールの行政書士試験の初学者講座は、
その名の通り、行政書士の学習が初めての方でも、
なるべく「とっつきやすく」してもらえるように作られています。

その分、講座数やテキス量は増えますが、
その講座やテキストの内容一つ一つを見ても、
行政書士の学習を初めてされる方にとっては、
欠かせないものとなっているようです。

こういう点から見ても、
はじめて行政書士の学習を開始するのなら、
資格スクールの行政書士初学者用の講座を申込むのが
最も合格に近づく一歩目と言えるでしょう。

もちろん、現役行政書士のわたしも初学者時代はそうでした。

行政書士の学習を開始した後は・・・ウキウキする?

行政書士試験を受けるために、資格スクールの講座に申し込んだだけで、
人と違うことをしている! 法律の勉強をしているんだ!
行政書士になったらどうしよう!
と、結構ウキウキ・ワクワクしてしまうかもしれません。

もちろん、ここからは、あなたの行政書士試験に対する、
心構えや生活スタイルが大事になってくるわけですが、
この、ウキウキ・ワクワクって大事ですよ。

行政書士試験の講座を申し込むことで一歩目を踏み出し、
ウキウキ・ワクワクが、行政書士の学習意欲の燃料になるでしょうから。

行政書士の初学者講座・・・どのスクールがいいんでしょう?

通学の行政書士講座はどう?あえて1校だけ

行政書士講座の通学受講の何よりの魅力は、
担当講師さんと、直接お話したり、質問したりできることですね。
これは、録画等での講座となるWEBやDVD等ではできないことです。

ただし、行政書士講座の時間割が決まっているため、
あなたの仕事や学校などとの時間調整・両立も必須。
地域によっては思い通りの時間割でなかったり、
行政書士講座の通学自体を行っていないこともあります。

たくさんの行政書士の講座を取り扱うスクールがありますが、
幾つものスクールを順番付けして列挙しても迷うだけなので、
あえて1校だけ・・・
初学者の方には「大原」の行政書士通学講座をお勧めします。

通信やWEBの行政書士講座はどう?あえて1校だけ

行政書士講座のWEB・DVD等での受講の何よりの魅力は、
自分のペースで行政書士の学習を進められることですね。
仕事や学校等との両立は通学同様、求められますが、
通学とは比較にならないほど柔軟に学習を進められるでしょう。

ただし、行政書士講座を通信・WEB等で受講する場合は、
あなたのペースに関係なく、次々とテキストや問題集が配信等されてくるので、
行政書士試験に対する学習ペースを、自己管理することが求められます。

行政書士試験の講座で学習ペースが掴めず、
仕事や学校等との両立を図ることができず、
学習途中でリタイヤしたりする人が多いのも
通信やWEBで行政書士試験の講座を受講する人の一つの傾向です。

こちらも通信制の行政書士の講座を取扱うスクールを、
1校だけ・・・
初学者の方には「クレアール」のWEB・通信等の行政書士講座をお勧めします。

行政書士になりたいですか?次の試験で合格できたら、あなたはどうしますか?

実は、今でこそ現役の行政書士である私ですが、
6回不合格してます。7回目で合格したんです。
今は好きなことしてます(ちゃんと行政書士の仕事してます)。

行政書士試験、最初の3回はトラックの運転手しながら受験しました。
その後勉強が嫌になって、3年くらいさぼりました(笑)
でも、どうしても行政書士になりたくて勉強再開しました。

行政書士試験、4回目~6回目はサラリーマンの営業職をしながら受験しましたが、
あと4点とか、一般知識あと1問とか・・・・「なんで??」という不合格が続き、
心が折れそうになりました・・・いや1回か2回は折れたかな(笑)

行政書士を7回受験してるから、色んな学校や講座を知ってしまいました。
どれも素晴らしい学校ばかりなんですが、これは人対人である以上、
「相性」というものがあります。
だから、話が長くなるのを避けて、
あえて多くの学校の中から、それぞれ1校だけ(笑)

皆さんには、私のように10年かけて行政書士を7回も受験することなく、
願わくば行政書士「一発合格」を目指してほしいんです。ホントに。

行政書士に合格した後はいいですよ。
私は、行政書士になって本当に良かったと思います。
既定の行政書士の仕事はもちろんのこと、
サラリーマン時代の経験も、行政書士として仕事にできるんです。

きっと皆さんも、たくさんのご経験をされているでしょう。
その経験、行政書士合格後は何倍にも活きてきますよ、きっと。
だから最初の一歩目勇気をもって踏み出してください。
私も応援してますから。

過去の投稿へ
自力?役場?専門家? 相続の相談ってみんなどこに行ってるの?
次の投稿へ
専門家の費用:●△円~・・・~▲□円という表記はなぜ多い?

関連記事

メニュー